« 中国からのお客さま | Main | Welttierschutztag(世界動物の日) »

October 04, 2019

久しぶりの新しいノートパソコン

201910030003今日はオーストリアで仕事をする上で不可欠な「パーソナルコンピューターの話題」をお届けしましょう。
各種資料の作成や通信などで不可欠な存在となっているパーソナルコンピューター。Feriが出版社で仕事をしていた40年前には、実用的なものは存在していませんでした。

当時は傍流だった電気工学を専攻していたFeriが、大学の研究室で実験に使っていたのは、マイクロコンピューターと呼ばれる「基盤」でした。そして、唯一、冷房が完備した個室に入っていたのが、大きな筐体のビジネスコンピューター。入力は、穿孔テープかパンチカードでした(キーボードを使えるのは管理者だけ)。

出版業界では、今はDTPが標準になり、入稿から編集まで、その過程は様変わりしていますが、当時はやっと日本語ワードプロセッサーが導入された時期でした。

これが今から考えると時代物で、8インチのフロッピーディスクにプログラムと辞書が入っており、これを入れて、随時、アクセスしながら使うものでした。

Feriが、出版社から別の会社に転職した頃から、やっとパーソナルコンピューターが一部で出回りだし、その後、10年ほどで急速に普及しました。

201910030005Feriが最初に手に入れたのは、今や珍品の部類に入るオリベッティのノートPC。これは比較的値段がリーズナブルだったためです。

その後、本命IBMのThinkPadシリーズに乗り換え、今も継続して同シリーズを使っています。まぁ、ブランド名は変わりませんが、メーカー名が中国資本のLENOVOになったのは、正直、ガッカリですが‥唯一の救いは、ThinkPadシリーズに関しては、IBM時代から実績のある大和研究所が設計を行っている事でしょうか。

左の写真は、Feriが最近まで使っていた歴代のThinkPad。

その間、使ってきたのは日本で人気の高いXシリーズ。535からスタートし、X240(これは名機でした)、X31(15周年記念ピアノブラックモデル)、X40(唯一の1.8インチHDD搭載機)、X61sX201sX1Carbonなどの機種を使ってきました。当たり前ですが、性能はどんどん上がってきます。

201910030001現在、出先でメインとして使っているのはX201s。ただし、登場してから、かなり年数が経過しているため、ハードディスクをSSDに交換、メモリーを増設するなどのブラッシュアップを行っています。X1Carbonが最も高性能なのですが、14インチのマシンで、ちょっと大きいため、出張のお供にはちょっと‥という面はあります。

現在も予備機として頑張っているのはIBMのロゴが残っているX61sです。これも愛着のある機種ですね。

個人的にはWindowsXPの仕様が最も気に入っていたのですが、これだけはセキュリティの問題があるため、OSを変更せざるを得ません。そして、2020年、いよいよWindows7のサポートが打ち切られます。

現在、現役の3機種の中で、X1Carbonはテストの意味も兼ねてWindows10に更新していますが、その他は、Windows7Proです。

201910030004アップグレード権を確保しているX201sをWindows10化すること検討していましたが、同機は中古(ただし、程度は非常に良かったですが)であったため、今回、リプレイスすることを決めました。

当初、同じ12インチサイズのX280を購入するつもりだったのですが、資金調達に手間取っているうちに、同機は生産中止。一回り大きい13インチのX390になってしまいました。

中古のX280購入も検討しましたが、仕様が自分の好みに合うものが見つかりません。LENOVO直販で、大幅値引きをやっていたこともあり、自分好みにカスタマイズしたX390の導入を決定。

今回の日本出張に合わせてオーダーし、日本で受け取りました。久しぶりの日本製(米沢のNEC工場生産)です。

201910030002ちなみにX1Carbonは20周年記念モデルだったので、こちらも日本製(初の米沢生産モデル)です。

さすがに最新のCPUとSSD、メモリーも16GB搭載と、OSの違いもありますが、X201sに比べると、その差は歴然。X280から、従来のXシリーズ(X1Carbonを除く)では定番だったバッテリー交換ができなくなりました。X201sも最初は携帯性重視で、スリムラインバッテリーを搭載していましたが、その後、大容量バッテリーに交換。バッテリー駆動時間は大幅に伸びましたが、反面、重くなりました。

今回のX390は内蔵バッテリー仕様ですが、かなり長時間もつようなので、日中、外出する際はACアダプターは必要ないかもしれません。X1Carbonで、ある程度、Windows10に慣れていたつもりですが、やはり仕様が違うと戸惑うことが多いですね。しかし、ある程度、使っているうちに、Windows10の良さも見えてきました。

Windows7から10への無料更新プログラムも入手しているので、一段落したらX201sもWindows10をクリーンインストールして、予備機として活躍してもらう予定です。

物持ちが良い(というか処分することができない)Feriは、今回、ご紹介したThinkPad以外も全て保管してあります。

X61sについても、アップグレード権は確保していますが、さすがに今となっては、性能的にちょっと厳しいかな‥と思う今日この頃です。これからはウィーンでX390がFeriのパートナーとして活躍してくれることでしょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 中国からのお客さま | Main | Welttierschutztag(世界動物の日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 中国からのお客さま | Main | Welttierschutztag(世界動物の日) »