« MIKADO特売中 | Main | Wiener Linienが軌道の緑化を推進中 »

October 22, 2019

変わったお店シリーズ160 恒常的なお店に? A-1 Pop-Up Store

20191021001本日、10月22日、日本では「即位の礼」が執り行われますが、お天気が心配ですね。また、台風19号の被害に鑑み、パレードが延期になったようですね。

さて、平常モードの当ブログ。今日は「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。

このブログでおなじみの定点観察。Schottentor地下の商店街も何回か取り上げていますが、最近は店舗の入れ替えが頻繁に行われるようになりました。

その中で、気になった1軒が、昨年オープンした大麻関連グッズの販売店Bushdoctor(詳しくは2019年2月13日の記事をご覧ください)。ただ、色々と問題があったのか、早々に引き払ってしまいました。せっかくなので、2枚目に2019年2月頃の写真をお目にかけましょう。

20191021002その後に入居したのは、皆さまご存じの通信会社A-1。ただ、最初は。店先の看板もなく、店内の什器も仮設のもので「臨時案内所」といった趣でした。2\3枚目の写真が、その時のもの。2019年4月の姿です。

Feriは、当初、ここに入ったA-1もキャンペーン用の施設か何かで、その設備から、しばらくしたら引き払ってしまうのではないか…と予測していました。

20191021003その後、2019年6月頃になると、4枚目の写真のように店上の看板スペースにA-1の看板が掲げられるようになりました。

この写真を撮影した時は、あまり気にならなかったのですが、今回の記事をまとめるにあたって、改めて見たところ、看板の一部がめくれており、仮設の看板だったようです。

今年の秋、久しぶりにSchottentorの地下に出向いてみたところ、冒頭の写真のようになっていました。

まず、立派な看板が店頭に掲げられたこと。屋号も「A-1 Pop-Up Store」となっています。また、店内の什器も立派なものが入っていました。

そして、以前から設置されている店前の飲食用スタンドの広告もA-1に変わっていました(どうでもいい、細かいところが気になるFeri‥)。

20191021004少なくとも、すぐに退去するような感じには見えません。ただ、通常のA-1 Shopに比べると狭い上にバックルームも確保されていません。しかし、A-1の情報を見ると、通常のA-1 Shopで提供しているサービスやプロモーションを提供しています。

なお、「A-1 Pop-Up Store」ですが、Schottentorだけではなく、23区にあるRiverside Shopping AM LIESINGER PLATZにも出店しているようです。こちらもコンパクトなお店で、A-1が展開を始めた新業態と言えるでしょう。

こちらでも通信会社は熾烈な戦いを繰り広げているので、色々なチャネルを使ってお客さまにアピールしているのだと思います。

特に日本のNTTにあたるA-1は、携帯電話だけでなく、固定回線も運営しているため、複数のサービスを利用することで、料金が割引になるのが強み(いわゆるセット割)。この店舗でもセット割をアピールしています。

ところで、日本でも携帯電話会社の直営ショップの看板を掲げていても、実は代理店が運営しているケースは意外と多いという話を耳にしたことがあります。ただ、一般の利用者からはわかりませんが‥ この「A-1 Pop-Up Store」についても代理店が運営している可能性はありますね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« MIKADO特売中 | Main | Wiener Linienが軌道の緑化を推進中 »

Comments

The comments to this entry are closed.