« 犬がお掃除中 | Main | 「Strmの季節」になりました »

October 18, 2019

Tag der Wiederbelebung

201910170112019年も自然災害が多発した日本ですが、9月9日が「救急の日」ということで、各地で様々な行事が行われたと思います。

Feriは、専門家ではないので、詳しくないのですが、10月16日は「Tag der Wiederbelebung」(国際蘇生デー)という日だったようで、ウィーンでも関連した行事が行われています。

最近は、日本でも街中でAEDを設置しているところを数多く見かけるようになりました。AEDは、「異常な拍動を繰り返し、ポンプとしての役割を果たしていない状態の心臓を、電気ショックによって一時静止させることで正常な拍動の再開を促す装置。

20191017013AED使用で、一時静止させられた心臓は、本来は自動的に拍動を再開するそうですが、酸欠などの状態にあると拍動が再開しにくいため、AED使用後、速やかに胸骨圧迫(一般に心臓マッサージといわれるもの)を行う必要があるそうです。

AED使用の有無にかかわらず、心停止に至った場合、なるべく早く心肺蘇生を試みることが、命の維持につながることは間違いありません。

一般の人たちに対して、このような活動を啓蒙するために「Tag der Wiederbelebung」が制定されました。

生活習慣の違いによるためなのか、日本よりもヨーロッパの方が、心臓疾患が多いようで、実際に街中で突然、倒れて死亡する方も多いという話を耳にしたことがあります。

20191017012その結果、2010年には街中で心臓疾患を発症した100名のうち、救命された方が10名であったのに対し、現在では20名に向上しているそうです。

もちろん、AEDを設置しただけでは、救命率は上がりません。突然、心臓疾患で倒れた患者さんの近くにいる一般の方が、救急隊を要請すると同時に、到着までの間、積極的に心肺蘇生にかかわらなければ、救命率の向上は期待できません。

もちろん、ウィーン市では警察官や消防士に対して、心肺蘇生のトレーニングを実施していますが、必ずしも、近くに居るとは限りません。一般の方に関心を持ってもらい、積極的に関わってもらうことが必要。

そこで、当日はウィーン市長も加わって、マネキンを使った心臓マッサージの実践をはじめとする啓蒙活動を行ったという訳です。

ウィーン市では、10月21日から26日までを「Woche der Wiederbelebung」として、継続的な啓蒙活動を行っています。なお、今週末のナショナルデーでは、毎年、RathausplatzでSicherheitsfestが開催されますが、ここでも心肺蘇生のデモンストレーションや各種情報の提供が行われる予定です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 犬がお掃除中 | Main | 「Strmの季節」になりました »

Comments

The comments to this entry are closed.