« 森野由みさんリサイタル「THE BOOK」 | Main | 実は屋根は木造です »

November 11, 2019

番外編 カボチャドキヤ国立美術館と館長さん

20191110011

昨日、日本では台風の影響で延期になっていた天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」が晴天の下、行われたようですね。

さて、今日は番外編として、日本の北九州市内にある「カボチャドキヤ国立美術館」と、その館長さんをご紹介しましょう。

「日本の中に別の国がある」‥もちろん、一流のユーモアです。北九州市門司という街は、昔、港町として大変賑わいました。その頃の貴重な建物が市内に残っています。しかし、時代の変化により、風情のある古い建物は次々と姿を消していきました。

そんな中、「門司レトロ基金の会」が設立され、古い建物の保存活動を始めました。

20191110018さて、門司区谷町というところに三角屋根の洋館がありました。大正7年に建築されたもので、三菱倉庫が社員の保養所として使っていたそうです。しかし、痛みがひどく、解体されることに‥ 

ここで「門司レトロ基金の会」が、保存に向けて活動を開始。この建物を引き取ってくれるご夫婦が現れました。

ご夫婦は、「街の人々が喜んでくれるのなら、私たちが買いましょう。子供たちが喜ぶような、小さな美術館にしてください」というメッセージを託しました。

20191110013三菱倉庫と地域住民の前位が集まって美術館は誕生しました。

多くの方の善意が集まって生まれた美術館なので、運営も地元の皆さんの力をお借りしながら地域に根付いた、ささやかな、しかし、世界のどこにもない美術館にしたい‥という館長さんの想いで、現在、運営されています。

館長さんのお名前はトーナス・カボチャラダムスさん(ペンネーム、もちろん日本の方)。

トーナス・カボチャラダムスさんは、絵画やエッチングなどを制作する芸術家です。作品はお名前からも推察できるようにカボチャをモチーフにしたものが中心です。

20191110015館内を彩るステキなオブジェはもちろん、徹底的に描き込まれた作品の細密かつ大胆なタッチは、独自の世界観を生み出しています。

ちなみに 1階は油絵、2階では銅版画が中心に展示されています。

また、完全オリジナルの作品も多数ありますが、興味深いのはヨーロッパの名作をモチーフに、独自の解釈を加えた作品があることです。

20191110016例えば、ウィーン美術史美術館に所蔵されているブリューゲルの作品。これをモチーフにしたのが、「かぼちゃのブリューゲル」。

よく見ると北九州在住の皆さまなら、ご存じの商店街や市場、お店の名前が‥地元を知っている方なら、思わず、色々と探してしまいます。

この他の作品も、地元・北九州に対する強い想いが感じられる作品が多数、展示されています。

と、ここまでは普通の美術館ガイドですが、実は、トーナス・カボチャラダムスさんは、大のオペレッタファン。当然、現地、Volksoperでもオペレッタを色々とご覧になっています。

20191110014ただ、最近はウィーン遠征がままならず、ご自宅でDVDを観賞することが多くなっているようです。

先日、森野由みさんが、ここでミニコンサートを開くため、お伺いした際、たまたまFeriのことが話題に上ったそうです。

すると、オペレッタ仲間の方から、Feriの話を耳にしていたようで、“オペレッタにはまっている方で、「チャールダーシュの女王」に出演する粋なおじさまからハンドルネームをつけたのですよね。素晴らしい。是非、お目にかかりたい”とおっしゃっていたとか。

20191110017森野さんのお話では、オペレッタの趣向のFeriと一緒のようで、現在の演出には失望しているとか‥ 

また、全盛期のオペレッタ歌手の名前がポンポンでてきたということなので、かなりのオペレッタ通とお見受けしました。きっとFeriとの出会いが実現したら、ディープなオペレッタ談義に華が咲きそうです。

オーストリアにも造詣が深いようで、11月27日には「ホイリゲコンサートinカゴチャドキヤⅡ」(14時開演)を開催するそうです。

20191110012ソプラノはFeriの友人、森野由みさん、ピアノは広瀬美香さん。会場はカボチャドキア国立博物館「黄金の大ホール」。

何と当日は入場無料。ホイリゲも振る舞われる予定とか‥Feriも、このタイミングでお伺いして、館長さんとお目にかかりたいのですが、「にんじん王」のPremiereがあるため、日本へ行くのは叶いません。残念、無念。

なお、同館は2002年にオープンしましたが、2年後の2022年には閉館予定とのこと。

20191110019それまでに、是非、トーナス・カボチャラダムスさんとオペレッタ談義をしたいと思います。それまでお元気で!!

同館は個人経営の美術館なので、開館日は土曜日と祝日(または振替休日)。開館時間は11時から16時までとなっています。オペレッタがお好きな方は、きっと館長のトーナス・カボチャラダムスさんとお話が弾むと思います。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 森野由みさんリサイタル「THE BOOK」 | Main | 実は屋根は木造です »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 森野由みさんリサイタル「THE BOOK」 | Main | 実は屋根は木造です »