« 2020年のウィーンは「ベートーヴェン・イヤー」 | Main | 拡張現実を活用した車両メンテナンスをテスト中 »

November 15, 2019

本日開幕 Christkindlmarkt auf dem Rathausplatz2019

20191114011今週の月曜日(11日)は「聖マルティヌスの日」。オーストリアでは「ホイリゲ解禁の日」でした。今年のワイン、出来映えはいかがでしょうか。

秋が深まったウィーンですが、早いもので今日、11月15日から「Christkindlmarkt auf dem Rathausplatz2019」が開幕です。クリスマスマーケットの口火を切る「Christkindlmarkt auf dem Rathausplatz」が始まると市内は一挙にAdventモードに突入です。

「Christkindlmarkt auf dem Rathausplatz2019」では、クリスマスグッズをはじめとする工芸品やクリスマスとあまり関係のないグッズ、B級グルメを楽しめる屋台が152出店します。

ドイツのクリスマス市が、クリスマスに関連の深いグッズを販売しているのに対し、ウィーンの場合、プレゼントには使えますが、余りクリスマスとつながらない品物を多数販売しているところが特徴でしょうね。

20191114012そして、今年も「禁断の裏技」であるアイススケートリンクKleinen Eistraum(3000平方メートル)が併設されます。例年と同じく、広場の左側に周回コースが設けられます。

スケートリンクの開設以来、一足早くウィンタースポーツを楽しみたい地元民の来場が増えるようになったと言われています。主催者としては「してやったり」。

ただ、ウィーン市が関与しているため、ウィーン市内の幼稚園、保育園、学校に通う子供たちは、月曜日から金曜日の10時から16時まで無料でスケートリンクを利用できます。

201911140013会場内に設置されている「Kreatives Werken in Christkindls Bastelstube」では、クッキー作り、オブジェクトや飾りの制作を体験できます。参画型のイベントですね。 切手ファンに人気なのが臨時郵便局(Christkindls Postamt)。ご存じのようにこちらでは、クリスマスカードを送る習慣があります。

日本の年賀状に当たる習わしなので、この臨時郵便局で、特殊切手やスタンプ(消印)を使い地方にお住まいのおじいちゃん、おばあちゃんにクリスマスカードを送って下さい‥というのコンセプトです。なお、特殊切手とスタンプの取扱いは、Adventの土曜日と日曜日に限定されています。

最近は宗教色が薄くなっている「Christkindlmarkt auf dem Rathausplatz」ですが、「Der Krippenpfad」では、「キリストの生誕」と「イタリアの日常生活」をテーマにした芸術作品が展示されます。

201911140014小さな子供さんが楽しみにしているのが、「Weihnachtswelt im Park」。ここはミニ遊園地エリアで、観覧車やミニ列車をはじめとする各種アトラクションが設置されます。

ところで、Feriが最初に「Christkindlmarkt auf dem Rathausplatz」を訪れた時は、市庁舎がアドベントカレンダーになっており、最終日に正面の扉が開く仕掛けになっていました。

風情があって気に入っていたのですが、その後、廃止され、一時期、Caféラントマンの建物にプロジェクションマッピング方式で描かれたこともありました。

201911140015今回、アドベントカレンダーが復活することが発表されています。まだ、現物は確認していませんが、11メートル×5メートルの巨大なアドベントカレンダーが会場に設置され、12月1日から該当する日付の窓が開きます。

今回は、チャリティイベントを兼ねており、12月1日から23日まで、毎日3回、開いた窓にある巨大なスクラッチカードを擦ることができます。もちろん、プレゼント付き。そして、スクラッチにチャレンジした人は、「e.motion-Lichtblickhof」という組織に寄付をする仕組みになっているようです。

最近では観光客が激増し、週末は混雑が半端ではない「Christkindlmarkt auf dem Rathausplatz」。Feriも夜景を撮りに出かけることはあるのですが、人混みに恐れをなして、中まで入るのは躊躇することが増えました。

ツリー付近で行われる音楽演奏には魅力的なプログラムも多いので、聴きたいのは本音なのですが‥さて、今年も大きなトラブルもなく、行事が行われることを祈っています。今日は夕方、Michael Ludwig市長らが参加して、盛大にツリーの点灯式が行われることになっています。

なお、このブログをアップしたタイミングでは、まだ始まっていないので、写真は昨年のものです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 2020年のウィーンは「ベートーヴェン・イヤー」 | Main | 拡張現実を活用した車両メンテナンスをテスト中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2020年のウィーンは「ベートーヴェン・イヤー」 | Main | 拡張現実を活用した車両メンテナンスをテスト中 »