« クリスマスツリーの切り出しが行われました | Main | Wiener Linienの車庫を宅配便配送の拠点に »

November 02, 2019

Badner-Bahnで工事運休が行われます

2019110100210月で最もアクセスの多かった日は10月21日でした。記事で沢山の方にご覧頂いたのは「老舗のおもちゃ屋さんが廃業」が当月の記事では、最も多かったようです。ただ、いつものように過去の記事についても、ご覧頂いている方が多いようです。

11月と言えば、「ホイリゲ解禁の月」ですね。今年のワインは、どのような仕上がりでしょうか。今日はホイリゲが点在するBadenとウィーンを結ぶ「Badner-Bahnの話題」をお届けしましょう。

ウィーン市内中心部のOperと郊外のBaden(Baden Josefsplatz)を結ぶBadner-Bahn(Wiener Lokalbahnen)ですが、11月25日から12月1日まで、工事のため運休することが発表されました。

20191101001運休となるのは郊外区間のTraiskirchen Lokalbahn-Tribuswinkel Josefsthal間(約2.5キロ)で、列車を全面的に運休して、線路の大規模補修工事を行います。

この期間中、鉄道が運転されるのは図のようにOper-Traiskirchen Lokalbahn間となり、鉄道運休区間については代行バスが運転されることになっています。

Traiskirchen-Baden Josefsplatz間の代行バスは、鉄道路線と平行に15分間隔で運行されます。代行バスなので、Badner-Bahnの各駅に停車します。ただし、Melkergründe駅は例外で、駅から徒歩3分ほど離れた停留所に停車します。

皆さまもご存じのように同社は、バス路線も多数運行していますから、代行バスも自社手配で対応できると思います。

20191101003線路閉鎖期間を短くするため、10月下旬から列車を運行しながら準備工事が行われています。そして、12月2日から全線で通常どおりの運行が再開される予定になっています。

なお、工事については、列車を運行新柄引き続き行われますが、クリスマス前には完了する予定です。

20191101004実際に乗車された方は、ご存じのように郊外区間は、そのほとんどが通常の鉄道と同じ構造の線路になっています。そのため、結構、速度も出しますから、補修工事により、乗り心地も向上することでしょう。

ところで、同鉄道では、踏切事故防止キャンペーンを展開していますが、その一つが、写真のような啓蒙活動です。

かなり目立ちますので、インパクトは抜群。同線の場合、郊外に出ると結構、速度を出しますから、急ブレーキをかけても間に合わないケースが多いと思います。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« クリスマスツリーの切り出しが行われました | Main | Wiener Linienの車庫を宅配便配送の拠点に »

Comments

The comments to this entry are closed.