« 日本オーストリア修好150周年記念切手 | Main | 番外編 カボチャドキヤ国立美術館と館長さん »

November 10, 2019

森野由みさんリサイタル「THE BOOK」

20191110001今日はFeriの友人、森野由みさんの話題をお届けしましょう。最近はオーストリア国内に留まらず、ヨーロッパ各国で活躍している彼女ですが、毎年、秋から年末にかけては日本でのリサイタルを欠かしません。

2019年もご出身地の北九州を始め、神戸、東京でのリサイタルが予定されています。

北九州では「森野由みさんを支援する会10周年記念行事」として、「森野由み ソプラノリサイタル 本編~THE BOOK~さまざまな愛の歌」が11月9日、北九州市「ウェルとばた」(中ホール)で開催されました。

20191110002「森野由みさんを支援する会」のメンバーから、当日の模様をお知らせいただいたので、当ブログでもご紹介しましょう。

最近、彼女は自分自身が中心となって、ジャンルを超えて北九州出身のアーティストに声をかけて、新しい試みを繰り広げています。精力的な活動に頭が下がります。

今回のコンサートは、2年間に亘る「一つの物語」として構成されており、今年は、その本編「The Book」。

20191110003「大いなる愛」をテーマに、去年は「われを創りたまいしもの」ということでプログラムを組み、これまでの軌跡をたどるような形で、彼女の高校の合唱指揮と指導者だった完戸真人先生と音楽の刺激を与えて下さったピアニスト吉冨淳子先生をお招きし、あのころからずっと歩んできた合唱の仲間と舞台を共にしています。まさしく彼女の本領発揮という舞台だったようです。

20191110004今年は、去年からのテーマ「愛」がいよいよ「人物像」に昇華。いろいろな曲やオペラからのシーンから楽曲が披露されましたが、全体を通して、「ひとつの物語にしたい」という彼女の思いがあり、声楽の師匠、福嶋敬晃先生のご子息である福嶋康礼さんに台本を作っていただいたとのこと‥

康礼さんは画家・陶芸家として著名だけでなく、幼少の頃からクラシック音楽に囲まれた環境の中で成長され、豊かな感性と類まれなる才能から活動の領域を音楽にも広げ、90年代には日本を代表する声楽家勝部太氏、大野徹也氏、大久保真氏、ピアニスト楠本隆一氏らのコンサートの企画運営を手掛けてこられた方。

20191110005彼女は、ここ数年間、これからのコンサートのあり方、形について幾度となく話しを重ねて、今回の10周年記念事業に際し、「THE BOOK~さまざまな愛の歌」という脚本に結び付いたのでした。

“紐解く人によって見えてくるものが変わるという不思議な本。その本を手にした女優の実花さんが見る世界とは‥”

去年も舞台を共にした女優 高山実花さんがストーリーテラーを務めました。

出演者の皆さまもピアニストの宮崎由紀子さん、マリンバの島田亜希子さん、ダンスの徳野一也さん・下河邊衣津子さん(ペア)という幅広い皆さまが集まりました。

20191110006コンサートは三部構成で、第一章は「恋が生まれる街」、第二章は「ラテンの情熱」、第三章は「捧げられた愛」、エピローグは「時限を越えて」でした。オペレッタやオペラのアリアをはじめウィンナリートなど、今回は幅広いジャンルから楽曲がセレクトされていました。

第二章ではピアソラの作品が取り上げられましたが、写真をご覧になるとわかるように、いつもの彼女と違った雰囲気で、新境地開拓といったところでしょうか。

単体の楽曲を楽しむリサイタルではなく、新しい一つの物語に各楽曲が華を添えるという展開は、ある意味、新しい試み。

20191110007ストーリーテラーである高山実花さんのご活躍もあり、クラシック音楽に詳しくないお客さまも「物語」として楽しむことができたようです。

細かい演出については、稽古を重ねながら、出演者の皆さまがアイデアを出し合い仕上げていったというお話を伺いました。当然、良い意味での独自解釈も盛り込んでいたようです。

第三部はオペラ「マダムバタフライ」のフィナーレがモチーフになっていましたが、マダムバタフライが自害する場面は、皆さんのアイデアによりバックライトを巧みに使った印象的な演出になっていました。

20191110008この場面、ヨーロッパではストレートな演出が多いのですが、あえて自害を象徴的な演出にすることで、お客さまにイメージを膨らませてもらおうと考えたようです。

森野由みさんの人徳で、地元、北九州の皆さまが運営に多数協力し、良い意味での手作り感あふれる楽しい一時となりました。実際、舞台を観ることが叶わなかったFeriも、送られてきた数多くの写真から、その場の雰囲気を十二分に感じ取ることができました。

20191110009年内も日本国内で各種のリサイタルが企画されているようです。皆さまも機会があったら、お出かけになってはいかがでしょうか。

今後のスケジュールは森野由みさんの公式ホームページをご覧ください。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

H_banner

|

« 日本オーストリア修好150周年記念切手 | Main | 番外編 カボチャドキヤ国立美術館と館長さん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日本オーストリア修好150周年記念切手 | Main | 番外編 カボチャドキヤ国立美術館と館長さん »