« 馴染みのお店が閉店 | Main | コーヒーカップ回収機を発見 »

November 29, 2019

11月30日から運行開始Ströck-Weihnachtsbim

20191128001今日は毎年恒例のクリスマストラム(Ströck-Weihnachtsbim)の運行についての話題をお届けしましょう。

今年で15周年を迎える「Ströck-Weihnachtsbim」ですが、2019年は11月30日から12月22日までの毎週末(土曜日と日曜日)、運転されることが発表されました。

20191128004Wiener Linienと大手ベッカライチェーンのStröckが協同で運行する「Ströck-Weihnachtsbim」はチケット料金が慈善団体に寄付されることで有名ですが、今年はÖsterreichische Gesellschaft für Chronisches Erschöpfungssyndrom(オーストリア慢性疲労症候群協会)に寄付されます。

運行ルートは例年同様、Karlsplatz (Oldtimer-Haltestelle beim Otto-Wagner-Pavillion),を出発し、リングに出て、Schwedenplatz、Schottentor、Rathausplatzを経由してKarlsplatzに戻ってきます(外回り)。

20191128002Karlsplatz発は、13時00分、13時50分、14時40分、15時50分、16時40分、17時30分で、所要時間は44分間です。車内ではStröckのスィーツが提供されます。最近ではクラップフェン(Krapfen)が多いようですね。

乗車料金は、大人1人6Euroで、大人が同伴する場合、12歳までのお子さまは無料です。

子供向けのアトラクションのようなイメージがありますが、乗車することで、立派な慈善事業に寄与できるところがオーストリアらしいアイデアです。

20191128003「Ströck-Weihnachtsbim」は、もちろん写真撮影も大歓迎ですが(実際、乗務員の皆さんも気軽に記念撮影に応じてくれます)、その趣旨を考えると、多くのお客さまに乗って頂くことで、使命が達成されます。

使用されるのは、交通博物館に動態保存のオールドタイマー2両編成で、クリスマストラム仕様にデコレーションされています。

そして、乗務員もクリスマスの衣装で、雰囲気を盛り上げます。この時期、Mannerも独自にクリスマストラムを運行することが多いので、リングは特別電車で大賑わいです。

観光客の皆さまも、乗車が良い思い出になると同時に、慈善活動につながる訳ですから、ご乗車になってはいかがでしょうか。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 馴染みのお店が閉店 | Main | コーヒーカップ回収機を発見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 馴染みのお店が閉店 | Main | コーヒーカップ回収機を発見 »