« 冬眠中のオーストリア航空日本線は3月12日から再開 | Main | Volksoperncaféの思い出 »

December 09, 2019

魅力的な大型トラック

20191209000112月に入ってウィーンの繁華街やクリスマスマーケットは、一段と賑やかになってきました。6日は「聖ニコラウスの日」だったので、色々な行事が行われたようです。

20191208001さて、今日は「大型トラックの話題」をお届けしましょう。

日本の場合、島国なので、海外からの輸入品は船舶か航空機で運ばれてきますが、こちらは陸続きである上に、アウトバーン網が整備されているため、大型トラックが国際物流の一画を担っています。

なお、最近では、大型トラックについては、アウトバーンに大きなダメージを与えるため、オーストリアを始め、有料化(従量制)されている国が多いですね。

また、件のCO2削減問題とも関連して、鉄道へのシフト(モーダルシフト)も進められています。それでも、大型トラックによる国際物流は欠かすことができません。

20191208003先日、Ottakring駅を出たところで、写真のような大型トレーラートラックを見かけました。オーストリアの国旗をあしらった派手なデザイン。

なかなかセンスのあるデザインだと思います。アウトバーンを走っている姿を見たらインパクトがあると思います。

荷台に「ED BLUMEN」と描かれているので、花屋さんのトラックだということがすぐにわかりますね。

20191208004他の場所でも花屋さんの大型トラックを見かけたことがありますが、荷台横に出入り口があるのが特徴。配送員(ドライバー)が荷台に出入りする場合は、この扉を使っています。

また、商品の数が少ない場合は、ここから出しているようです。内部も花輸送専用になっているようでした。

Feriは、てっきり、オーストリアの会社が所有しているトラックだと思ったのですが、ナンバープレートを見てびっくり仰天。何と国籍記号が「NL」となっているではありませんか。車籍はオランダですね。

毎年、ウィーン楽友協会大ホールで開催されるウィーンフィルのニューイヤーコンサートでは、舞台周辺がきれいな花で飾られますが、番組中でも紹介されるように外国から輸入されたものです。

20191208002生花の輸入先としてオランダの名前が挙がることも多いので、オランダの会社なのでしょう。恐らく生花を運搬する専門業者だろうと思います。

オランダからオーストリアへ花を運ぶ定期便に使用されるトラックなのかもしれません。配送先に敬意を表して、このようなデザインにしたのでしょうかね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 冬眠中のオーストリア航空日本線は3月12日から再開 | Main | Volksoperncaféの思い出 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 冬眠中のオーストリア航空日本線は3月12日から再開 | Main | Volksoperncaféの思い出 »