« ダイヤ改正余話 | Main | Mariahilfer Straße今昔物語 »

December 18, 2019

Cafe Volksoper-Theaterpause、その後‥

201912170021今日は、家賃高騰で閉店に至ったCafe Volksoper-Theaterpauseの続編です。

Volksoperをご利用になった方ならば、一度は利用したことがある、このCafe。劇場が華やかな雰囲気に包まれていた「König Karotte」のPremiereを最後に営業を休止しました。

さて、先日、Volksoperにクリスマスカードを届けるために出かけた際、営業はしていませんでしたが、店内に明かりが灯っていました。

201912170023窓越しに見ると、例のスキンヘッドのオーナーさんが関係者とおぼしき人、数名とご歓談中でした。

そして、入り口に回ってみるとVolksoper歌手組合主催の「Weihnachtsmarkt」のポスターが貼られていました。毎年、Volksoperの「Weihnachtskonzert」(クリスマスコンサート)の開催日に行われる「Weihnachtsmarkt」。

Cafe Volksoper-Theaterpauseで開催されていたのですが、同店が閉店してしまい、Feriはどうなるのか心配していました。何しろVolksoperのソリストとファンが交流できる「貴重な場」。Feriが憧れのオペレッタ歌手Sándor Némethさんと記念撮影をしていただいたのも「Weihnachtsmarkt」でした。

今回、近くにある練習場に会場を移して実施するのではないか‥と予想していたのですが、どうやら家主さんとの交渉が成立したのか、当日は臨時に店を開けて、会場を提供することになったようです。

201912170022今年は12月22日の13時から19時まで開催されます。

残念ながらFeriは、当日、所用があって参加できませんが、もしかしたら、ここで開催される最後の「Weihnachtsmarkt」になるかもしれません。

入り口にはオーナーさん手書きのメッセージが張り出されていましたが、何となく気持ちが伝わってきます。

今後、この場所がどのようなお店になるのか、気になりますが、恐らく2020年に入ってから、何らかの動きがあることでしょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_v_02

|

« ダイヤ改正余話 | Main | Mariahilfer Straße今昔物語 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ダイヤ改正余話 | Main | Mariahilfer Straße今昔物語 »