« 広告塔と意外なものがコラボレーション | Main | 写真特集 Adventのウィーン »

December 23, 2019

完全禁煙化の顛末と涙ぐましいホイリゲの喫煙対策

2019122100712月21日は、Feriの「父の命日」でした。
このブログを長くご覧になっている方はご存じかもしれませんが、平成に入ってから亡くなったため、平成の「天皇誕生日」だった12月23日は火葬場が休業しており、父の葬儀は12月24日になりました。
キリスト教徒(プロテスタントですが)だった父の葬儀が、通っていた教会の礼拝堂でクリスマスイブに執り行われたことに、参列者の多くが、驚いたものです。

さて、今日は「屋内禁煙の話題」をお届けしましょう。先日、コメント欄で2019年11月からオーストリアでは飲食店が室内全面禁煙になった理由についておたずねがありました。

Feriは、政治の専門家ではありませんし、常時、政治関連のニュースをチェックしている訳でもないので、若干、違っているところがあるかもしれません。

20191221001まず、国民党(ÖVP)と自由党(FPÖ)連立政権が、前政権時代の2015年に成立した全面禁煙法案を撤回しました。これには自由党の意向が強く働いたと言われています。
ところが、2019年5月、自由党Heinz-Christian Strache(ハインツ=クリスティアン・シュトラッヘ)党首のスキャンダル(ドイツのテレビ局が放送したイビツァ島でロシア新興財閥の関係者と名乗る女性の密会盗撮ビデオ)が元で、連立政権が終焉を迎えました。

そして、2019年7月、国会で自由党を除く全会一致で、禁煙法案の施行が再可決されました。なお、禁煙法の法案成立時に2019年11月1日から施行と定められていたようです。

201912210044ヵ月間は、全面禁煙準備猶予期間という意味でしょう。しかし、以前は、完全分煙での営業が認められており、そのために多額の費用を使って分煙に踏み切ったCaféも多数あります。

さらに、完全分煙化の費用を捻出できず、営業権を他社に売り渡したCaféも存在します。そのように考えると、釈然としないオーナーさんが多いかもしれません。

実際、今までは喫煙が許可されていた小規模なCaféでも全面禁煙化されたため、玄関脇に灰皿を置いて、寒い中、そこでたばこを吸いながら歓談している愛煙家を多数見かけるようになりました。

20191221002ホイリゲに関しては、ビュフェを境に喫煙室と禁煙室に分けているところが多かったのですが、11月から喫煙室は禁煙室に衣替え。

今はタバコを吸わないFeriにとっては、席が選びやすくなってご機嫌です。暖かい時期でしたら、店外でタバコを吸うことは余り苦にならないかもしれませんが、寒さが厳しい今日この頃。ホイリゲ側も色々な対策をとるようになりました。

20191221003一つは、冬は営業していないシャニガルテンに「小屋」を設置して、そこを禁煙室にするというパターン。ただ、ドアを付ける訳にはいかないため、実質、吹きさらしですが‥

一部のホイリゲでは、喫煙コーナーに暖房装置(遠赤外線電気暖房装置やガスストーブなど)を設置しているようです。Adventの時期は、写真のように電飾をしている喫煙コーナーもあり、ホイリゲの涙ぐましい努力が感じられます。

また、鉄道駅構内もプラットホームも含めて全面禁煙になりました。

20191221005以前は駅の中に喫煙コーナーがありましたが、廃止されています。そのため、大きな禁煙マークが掲出されています。
空港に関しては、セキュリティの関係で、制限エリア内に「屋外」がないため、専用の個室(SMOKERS‘ BOOTH)が設置されています。下の写真はFlughafenWienのSMOKERS‘ BOOTHです。 20191221006日本でも、健康増進法の施行に加えて、2020年の東京オリンピック/パラリンピックの実施に合わせて、東京都が禁煙に関する条例を制定するなど、屋内禁煙が原則になってきているという話を聴きます。

Feriが、東京で友人と利用している某ビアレストランも2019年10月から全店禁煙になりました。当初、全面禁煙は一部の店で試験的に導入され、一時的にお客さまが離れたことがあったそうです。

しかし、その後、「あの店は全面禁煙」という口コミが広がり、新しいお客さまが増えたという話を耳にしました。また、店側としても、客席の効率的な運用ができるので、かえって利益に貢献するのかもしれません。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 広告塔と意外なものがコラボレーション | Main | 写真特集 Adventのウィーン »

Comments

ありがとう。そういった経緯があったんですね。愛煙家の私は、ウィーン滞在を短縮しようかと考えています。顔なじみのカフェでも、客が減少して困っていると言っています。法律など無視して、タバコを吸わせてくれるカフェがあったらいいな、とは思いますが、国民性で、難しいような気もします。
日本では、酒を出す店では、事実上、タバコが吸えるんですが。

Posted by: asobineko | December 23, 2019 19:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 広告塔と意外なものがコラボレーション | Main | 写真特集 Adventのウィーン »