« SIEMENSの犬? | Main | 2020年に開館20周年を迎える「Haus der Musik」 »

December 12, 2019

Badner Bahnの中期計画

201912110001今日は「Badener Bahnの話題」をお届けしましょう。

11月25日から12月1日まで、工事のためTraiskirchen Lokalbahn-Tribuswinkel Josefsthal間(約2.5キロ)で、列車を全面的に運休して、線路の大規模補修工事を行っていたBadener Bahnですが、このほど、今後、15年間の中期計画が発表になりました。

ご存じのようにウィーンおよび周辺の公共交通機関の多くは、VOR(Verkehrsverbund Ost-Region)という組織に属しており、運営会社が違っても同一ゾーンであれば、同一運賃で利用できるようになっています。

201912110004VORはパートナーである各運営会社と連携しながら、輸送改善に努めています。先日、VORはBadener Bahnと2020年12月以降、15年間のパートナー契約を更新しましたが、合わせて輸送改善に関する中期計画が発表されました。

注目される施策は、このブログでもご紹介した車両の更新です。ご利用になった方はご存じかと思いますが、現在、Badener BahnにはWiener LinienのU6で使用されている車両と同タイプのType 400(Bombardier製)と、床が高い路面電車タイプのType 100という2種類の電車が使用されています。

Type 100(26編成)については、更新改造が行われていますが、床が高いためバリアフリーの観点から問題が多いこともあり、このブログでもお伝えしたように新型電車Type 500への更新が計画されています。

201912110003現在の計画では、落成するのは2023年12月で、実際に運用を開始するのは2024年の予定です。発注されているのは18編成ですが、更にオプション契約で16編成増備の可能性があります。

オプション契約が遂行された場合、Type 400も置き換えられることになるようです。当たり前ですが、同一車種に統一されると、保守も含めて運用効率が大幅に向上します。

一方、ダイヤ面では、輸送需要の増大に合わせて、運転間隔の短縮化が図られます。同線は、最近では通勤路線としての性格が強くなり、混雑が激しくなっているためです。

Wien Oper – Wiener Neudorf – Baden Josefsplatz間の運転間隔が、毎日、5時00分から24時30分まで15分間隔となります。さらにWien Oper-Wiener Neudorf間に関しては、混雑する時間帯の6時30分~9時00分、15時30分~18時30分までについては、7分30秒間隔で運転されます。

201912110002同線の沿線にはSCSという巨大ショッピングモールがありますが、ここへのアクセスも改善されます。具体的には土曜日の9時00分~21時00分まで、Wien Oper-Wiener Neudorf間が7分30秒間隔で運転されます。

なお、Wien Oper – Baden Josefsplatz間の列車は2ユニット、Wien Oper – Wiener Neudorf間の列車は1ユニットでの運転に統一される予定です。

ダイヤ改正は、2020年12月に実施される計画です。さらに2023年12月には、Wiener Neudorf -Wien間については、7分30秒間隔の運転が、5時00分~21時00分間に延長される予定です。これにより、25%の輸送力が増強されます。

この他、利用者の利便性を高めるため、バス路線の整備も計画されています。昔は温泉保養地へ向かうのんびりとした鉄道だったのですが、今ではウィーンの人口増大に伴い沿線の宅地化が進み、通勤路線としての性格が強くなってきたと言えるでしょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« SIEMENSの犬? | Main | 2020年に開館20周年を迎える「Haus der Musik」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« SIEMENSの犬? | Main | 2020年に開館20周年を迎える「Haus der Musik」 »