« 連邦軍の舞踏会 | Main | 今年も続くアパート建設ラッシュ »

January 29, 2020

違法駐車で大迷惑

20200128003昨年もご紹介したキッツビュールで開催されたスキーのハーネンカム大会。今年は先週末に開催されました。

多くのスキーファンが来場するこの大会に合わせて、ÖBBでは大会期間中、列車を大増発。会場から離れた場所にある駐車場とゴール地点を結ぶシャトル列車は、8分から10分間隔で運転され、ÖBBでは51000名以上のお客さまを輸送したと発表しています。

今回も輸送上は大きなトラブルもなく、無事、大会が閉幕しました。

さて、今日はWiener Linienが発表した「迷惑駐車による路面電車や路線バスの運行障害の話題」です。 20200128001違法駐車による運行障害ですが、2019年は年間、2030回発生しました。

これは平均すると1日5件以上という計算。ただ、結構なことに前年に比べると減少傾向にあるそうです。

違法駐車による輸送障害が多い道路ですが、Kreuzgasseが196回、Döblinger Hauptstraßeが152回、BlindengasseとHormayrgasseが共に100回でした。

20200128005輸送障害の多いエリアは、Döblingが278回、Hernals が136回。いずれもFeriおなじみの地区です。

逆に輸送障害が少ないエリアは、Simmering(18回)、Mariahilf(23回)、Penzing(23回)となっています。

Wiener Linienによると違法駐車による輸送障害が発生すると、車両の移動などで最大40分の遅延が発生する可能性があるそうです。

20200128002バスの場合、何とかなる場合もありますが、路面電車は、軌道上を走っていますから、自身ではどうしようもありません。

日本の場合だと、即、取り締まり強化という方向になりそうですが、Wiener Linienはウィーン市や各区と協力して、駐車スペースの拡大を行っているそうです。

確かに、これも1つの考え方ですね。「発想の違い」と言えるかもしれません。

20200128004Wiener Linienでは、正規の駐車スペースに車を止めると同時に、サイドミラーを折り畳むことを徹底して欲しいと訴えています。特にトラックの場合、サイドミラーが突出していますからね。

なお、ドライバーが見つからず、強制的に移動させた際には、ドライバーさんに費用を負担してもらうようです。

Feriはウィーン市内では自動車に乗らないので、問題ありませんが、路上駐車箇所が多いだけに、実際、ギリギリに止めているケースもよく見かけます。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 連邦軍の舞踏会 | Main | 今年も続くアパート建設ラッシュ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 連邦軍の舞踏会 | Main | 今年も続くアパート建設ラッシュ »