« 銀行社屋の再利用方法は? | Main | ウィーン市がクリーンエネルギー推進キャンペーンを展開 »

January 26, 2020

アパートの調理器具雑感(家電編)

20200125007今日は、最近利用する方が増えている「レンタルアパートの調理器具に関する話題」をお伝えしましょう。

ホテル予約サイトでもアパートが増えてきましたが、ホテル以上に重要なのが、アパートの設備です。一応、予約サイトには設備が列挙されている他、写真が掲載されていることもありますが、どうしても現地に行ってみないと詳細はわからない部分があります。

まず、調理に必要な調理器具。こちらのアパートは基本的にオール電化なので、コンロは電気(電磁調理器の場合もあります)です。

20200125008レンタルアパートの場合、簡易キッチン仕様が多く、2口が一般的ですが、コンロが接近しているため、鍋とフライパンを同時に使えないケースもあります。

ちなみにFeriがお世話になったアパートの場合、四つ口で、同時使用も全く問題ありませんでした。

また、最新型のコンロは操作部分がタッチパネル式になっていますが、友人が使ったアパートでは、タッチパネルのロックを解除する方法がわからなかったそうです。

ロックがかかっていると主電源が入らず、各コンロの温度を上げることもできません。 

20200125001友人はキッチン周辺の収納を家捜ししたところ、取扱説明書が残っていました。が、これがくせ者。最近は多言語化が進んでおり、見たこともない言語の説明書が‥肝心の英語版が、なかなか出てこなかったそうです。

最終的に英語版を探し当てて、わかったことは「ロックボタンを3秒間押し続けるとロックが解除される」という簡単のものでした。

20200125011ウィーンでは電子レンジは日本ほど普及していませんが、レンタルアパートの場合、簡易キッチンなので、逆に電子レンジの装備率が高いようです。

日本の電子レンジは高機能化が進んでいますが、逆に単純なものが設置されているケースが多いようです。つまり「温めるだけ」の機能です。そのため、説明書がなくても、何とかなるとか‥

20200125005また、こちらのアパートで魅力的なのは電気オーブン。冷凍食品の中には電気オーブンを遣うことを前提にしている商品も多々あります(冷凍シュニッツェルなどは、その代表)。

また、スーパーマーケットで売っている半生センメルを電気オーブンで焼くと、焼き立てセンメルを食べることができます。これは、ご機嫌です。

Feriがお世話になっていたアパートの場合は、家主さんとの同居だったため、電気オーブンは、当然装備。

しかし、操作方法はノブを回して温度設定と機能選択(送風の有無など)をするという単純なものでした。

20200125002しかもピクトグラム付き。そのため、家主さんに説明を受けなくても、遣うことができました(左の写真がFeriが最初にウィーンで使った電気オーブンです)。

ところが、先日、友人が利用したレンタルアパートの電気オーブンは最新式。操作部分の中央に液晶パネルがビルトインされており、左右のノブも電子式。

タイマーも入っているらしく、使い方がわからなかったそうです。最初、半生センメルを温めているつもりが、実は火が入っていなかったという笑い話も‥

20200125004こちらも説明書を探したそうですが、最後まで英語・ドイツ語版は出てこなかったと嘆いていました。結局、試行錯誤で、最低限、遣えるようになったそうですが、冷凍食品の使用は断念したようです。

忘れてはいけないのがコーヒーメーカー。ドリップ式のコーヒーメーカーが一般的ですが、問題は紙のフィルターが準備されているか否かという点です。

友人は、念のため、紙のフィルターを持ち歩いていますが、最近は備品として備えているアパートが多くなっているという話でした。

また、ドルチェグストに代表されるカプセル式コーヒーマシンを装備しているレンタルアパートもあります。ただ、この場合、多くはカプセルは自分で購入する必要があります。

20200125010ドルチェグストに関しては、ほとんどのスーパーマーケットで販売しているので、問題はありません。また、各社が独自のカプセルを使うコーヒーメーカーを発売しており、アパートによっては日本では見かけないマシンが設置してあるケースもあるとか‥

ただ、Nespressoに関しては、カプセルがブティック以外では購入できないため、装備しているアパートは少ないようです。

20200125013また、コンロの上に載せて遣うエスプレッソマシンを備えているレンタルアパートもあります。これは風情があって良いですが、慣れないと操作方法で戸惑うかもしれません。

あと、一般的な調理家電は電気ポット。これはお茶をのむために必須なので、ほとんどのレンタルアパートに装備されています。

意外なのはトースターを置いてあるレンタルアパートが多いこと。これは外国人の利用を想定しているのでしょう。

20200125009冷蔵庫のないレンタルアパートはありませんが、その大きさは千差万別。ミニ冷蔵庫の場合もあれば、中型もしくは大型のケースも‥

ミニの場合、冷凍庫が事実上ないケースもあり、冷凍食品の使用は断念せざるを得ません。

そして、こちらのキッチンでは「定番のアイテム」が食洗機です。色々なレンタルアパートを使った経験のある友人は“今まで使ったレンタルアパートで食洗機がなかったところはない”と言っていました。

20200125012もちろん、食洗機専用の洗剤も予め準備されています。何しろスーパーマーケットなどで購入しても数が多いですから、短期滞在では使い切ることは不可能ですから‥ 

しかし、レンタルアパートの場合、入居者の利便性向上というより、次の借主さん向けにスタッフが清掃を行う際の負担軽減という性格が強いような気がします。

食洗機については、ほぼ同じ操作方法なので、戸惑うことは少ないようです。面白いのは操作スイッチが扉上部に付いていることが多いことでしょうか。

20200125006レンタルアパートの調理器具に関しては、最終的に現地に行って確認するまで、わからないので、その設備を踏まえて、どのような調理をするかを決める必要があります。

そのため、どうしても「同じアパートを使う」という選択がベストですね。この場合、部屋が違っても、ほぼ同じ設備が設置されているので、言ってビックリというケースは少ないようです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 銀行社屋の再利用方法は? | Main | ウィーン市がクリーンエネルギー推進キャンペーンを展開 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 銀行社屋の再利用方法は? | Main | ウィーン市がクリーンエネルギー推進キャンペーンを展開 »