« いずこも同じ? 数字のマジック | Main | 銀行社屋の再利用方法は? »

January 24, 2020

ダブルデッカーのCityJetが誕生

202001241011月22日に行われた「Wiener Eistraum 2020」のオープニングセレモニーの公式写真が入手できましたので、ご紹介しましょう。

今年は市庁舎の中央尖塔が改修工事中のため、若干、雰囲気が異なりますが、この時期、ウィーンにお越しの際には、是非お立ち寄りください。

20200124002さて、今日は「ÖBB、CityJetの話題」をお届けしましょう。

このブログでもお伝えしているように、現在、ÖBBでは旅客のサービス向上に向けて、都市圏で使用している電車のCityJet化を進めています。

落成時からCityJetを名乗っているのは4746型・4747型とTalent3(4758型)。しかし、その後、Talent2の4023型、4024型、4124型などもCityJet仕様に改造され、ウィーンのS Bahnでも見かける機会が増えてきました。

20200124006そして、かねてから予告されていた近郊型(Regionalzug)ダブルデッカー(Nahverkehrs-Doppelstockwagen der ÖBB、26型・86型)にもCityJet仕様車が登場しました。

ÖBBのダブルデッカー(2階建て客車)ですが、ウィーンからバーデンなどへ行くとき、お世話になった方も多いと思います。

機関車牽引ですが、運転室のある制御車(86型)が連結されており、プッシュプル方式で運行されています。

1996年から製造が開始され、2009年まで増備が続けられ、現在、253両(72編成)が在籍しています。

20200124003今回、公開されたダブルデッカーですが、写真のように外観がCityJet仕様になっているだけでなく、客室内のアップグレードも行われています。主な改造は、以下のとおりです。

- Cityjet仕様の客室デザイン

-ビデオ監視システムの追加

20200124004-トイレの刷新(ベビーベッド設置、ユニバーサルデザイン化も含む)

-シートピッチの拡大

-各座席にフットレストと折りたたみテーブル設置

-多目的エリア(自転車、荷物、ベビーカー用スペース)の新設(階下)

-サイレントゾーン(Ruhezone)の新設

20200124005-無料Wi-Fiの設置(ÖBB Railnet)

-LED照明の採用

-運転情報を表示する大型ディスプレイの設置

-USB電源ソケットの設置

20200124007これらの設備は、現行のCityJet(電車)と、ほぼ同じです。

今回のCityJet仕様改造にあわせて、床と階段、窓枠、台車、空調装置、保安装置などもリニューアルされています。なお、第一編成にカンシテェア、一部の設備が、後日装備のものもあるようです。

20200124001当面、ウィーン周辺のニーダーエスターライヒ州で運用される2階建て客車が改造対象で、2023年までに、あと19編成(4両編成1ユニットなので、先行改造車を含めて合計100両)がCityJet仕様に改造される予定です。

なお、第1編成(先行改造車)はすでに、2019年12月のダイヤ改正から運用に就いているそうです。

今回は、ÖBBの公式写真でご紹介しました。しかし、車体が大きいだけにCityJet塗装も迫力がありますね。

現車を見ると、色々と新しい発見があるかもしれません。後日、Feriが現車に出会うことがあれば、改めてレポートしましょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« いずこも同じ? 数字のマジック | Main | 銀行社屋の再利用方法は? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« いずこも同じ? 数字のマジック | Main | 銀行社屋の再利用方法は? »