« ダブルデッカーのCityJetが誕生 | Main | アパートの調理器具雑感(家電編) »

January 25, 2020

銀行社屋の再利用方法は?

20200124024今日は「建物再利用の話題」をお届けしましょう。

ウィーンの旧市街は世界遺産に指定されていることもあり、再開発もある程度、制約を受けています。そのため、田野エリアのように派手に「スクラップアンドビルド方式」で再開発ができないようです。まぁ、それでも随分、雰囲気は変わりましたが‥

そのため、旧市街では、古い建物のファザードを活用し、内部を一新するというプロジェクトが一般的です。

20200124022代表例は、このブログでもご紹介したことがAmHofに面した場所にあるホテル「Park Hyatt Vienna」でしょう。ここは、ご存じの方も多いと思いますが、かつてはBank Austriaでした。いかにも銀行らしい重厚な建物は存在感がありましたね。

その後、合理化に伴い、銀行は廃止され、ホテルに衣替えしました。Feriは敷居が高くて、利用したことはありませんが、大金庫跡を活用した施設があったような気がします。

さて、Am Hofからほど近いSchottentorにもBank Austriaの社屋(旧本店)がありました。1912年(大正元年)に建設された歴史ある建物で、テナントは何回か変わっていますが、金融機関が入っていました。

過去形になっているのは、2017年に銀行は撤退し、屋上の看板もかなり前に外されています。実際には2014年、前の所有者から投資グループに売却されたそうです。

20200124025Am Hofの社屋と同じく、旧市街にある伝統的な「重厚な石造りの建物」なので、スクラップアンドビルド方式での再開発は困難。どうなるかと気になっていたのですが、先日、前を通りかかったところ、養生シートに「HAUS AM SCHOTTENTOR」というロゴが描かれていました。

PEMA HOLDINGというデベロッパーの名前も出ていました。ちょっと調べたところ、建物の所有者からPEMA HOLDINGが新しいコンセプトに基づく再開発を依頼されたようです。

20200124023プロジェクトは建築家Heinz Neumann氏が中心になって薦められており、1階にはスーパーマーケットのSPARがテナントとして入る予定です。

地下にはフィットネスセンターが設けられますが、2階以上はビジネスセンターに生まれ変わることがわかりました。Feriは、当初、名称からアパートになるのでは‥と思ったのですが、ビジネスユースに特化するようです。

フロアー全体を企業に貸し出すのではなく、小規模な企業や個人事業主向けのレンタルオフィスやバーチャルオフィス、共有会議室といったサービスが提供されます。もちろん通信環境が整備されているのは言うまでもありません。

Feriは、以前、BankAustriaに口座を持っていた時、ここを利用したことがありますが、荘厳な1階ロビーに度肝を抜かれたことがあります。

 

20200124021ロビーなどの共用施設は、あえてオリジナルに復元し、セールスポイントにするようですが、オフィス部分については、外観とは異なり、近代的な設備に更新されることでしょう。この他、貸金庫については、再利用も検討されているという報道もありました。

Schottentorは地下鉄、路面電車、バスなどの路線が集まっているため、アクセスも良く、利便性は高いですね。そのため、ビジネスユースも多いことでしょう。

余談ですが、PEMAというデベロッパーは、ウィーンではなくチロルに本社があります。

「HAUS A,M SCHOTTENTOR」は、今年、改装が完了し、サービスが提供されることになっています。乞うご期待。

20200124026Feriなどは、ここのレンタルオフィスを使って仕事をしたら、志気も高まり仕事が捗りそうですが、如何せん、お値段が‥

某アパートのお部屋で地道に仕事をすることにしましょう。

なお、最後に当ブログ恒例の「定点撮影」をご披露します。左の写真は2007年、まだ、Bank Austria本店として機能していた頃の社屋。社名がしっかりと入っています。冒頭の写真は、すでに社屋としての使命を果たし、社名が取り外された姿です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« ダブルデッカーのCityJetが誕生 | Main | アパートの調理器具雑感(家電編) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ダブルデッカーのCityJetが誕生 | Main | アパートの調理器具雑感(家電編) »