« 変わったお店シリーズ165  Volkshilfe WÜRFEL | Main | いずこも同じ? 数字のマジック »

January 22, 2020

「愛猫家のお住まい」かな‥

20200121001今日は「短めの話題」です。アメリカほどではありませんが、こちらは日本と異なり、玄関から部屋に入ると、いきなり廊下になるパターンが一般的です。

以前、アメリカ在住の友人宅を訪ねたときは、廊下がなく、玄関を入ったら、いきなりリビングでビックリしたことがありましたが‥

そうなると居室内へ泥などのゴミ侵入が問題になります。という訳で、日本以上に「玄関マット」が重要になります。

一般的に店舗では、PRを兼ねて色々な玄関マットを準備していますし、専門の販売店も多数存在します。

20200121003実際、オリジナルの玄関マットをオーダーできるようになっています。

その昔、Adventの時期、Feriは「チロルの小さな街」のお店で「DANKE」と書かれた玄関マットを発見。布製ではなく、籐製でしたが、勢いで買ってしまったことがあります。

正直、それなりの大きさなので、日本へ持ち帰るのが大変でしたが‥(当時の顛末記はこちらから

さて、個人宅でも、玄関の外に設置されているケースもあるので、時々、楽しい玄関マットを発見することがあります。

という訳で、今日、お目にかけるのは「猫をデザインした玄関マット」です。

この手のビジュアル系は、Feriが言葉で説明するより、「現物の写真」をご覧頂くのが手っ取り早いですね。

20200121002なかなか可愛らしいデザイン。

既製品なのか、オリジナルなのかは、わかりませんが、恐らく「愛猫家のお住まい」だろうと思います。

どのような猫を飼っていらっしゃるのか、わかりませんが、この玄関マットから、飼い主さんの人柄が感じられる気がします。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 変わったお店シリーズ165  Volkshilfe WÜRFEL | Main | いずこも同じ? 数字のマジック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 変わったお店シリーズ165  Volkshilfe WÜRFEL | Main | いずこも同じ? 数字のマジック »