« ウィーン市がクリーンエネルギー推進キャンペーンを展開 | Main | 違法駐車で大迷惑 »

January 28, 2020

連邦軍の舞踏会

20200127001今日は「舞踏会(Ball)の話題」をお届けしましょう。この時期、オーストリアでは舞踏会シーズン。

頂点は、皆さまご存じの「Wiener Opernball」(2020年は2月20日開催)ですが、職業団体や警察をはじめとする公務員、学校などでも舞踏会が開催されます。ダンスの素養が無いFeriには「無縁の世界」です。

例によって舞踏会に反対するグループもあるようですが、オーストリアの伝統行事ですから、そう簡単にはなくならないような気がします。

さて、1月17日には連邦軍の舞踏会「Ball der Offiziere 2020:“Gold und Silber“」がWiener Hofburgで盛大に開催されました。

国防軍の公式行事で、各国の駐在武官など3400名以上が招待されました。Feriは確認していませんが、在オーストリア日本大使館に所属している防衛駐在官にも招待状が来ているはずです。

202001270021月、新政権発足に伴って国防大臣就任したKlaudia Tannerさん(女性、オーストリア国民党ÖVP所属、左の写真で中央の方)が開会を宣言し、舞踏会が始まりました。

当たり前ですが、通常の舞踏会と異なり、オープニングはマーチ(軍歌)に合わせてお偉いさんが入場です。

今回は、ゲストとしてドイツ連邦軍空軍音楽隊が参加し、華麗な演奏とドリルを披露しました。

また、Ildiko Raimondiさんが演じるオペレッタ黄金時代の歌に合わせて、バレエが披露されています。連邦軍の舞踏会でオペレッタ‥オーストリアらしいですね。

こちらの舞踏会は、オペレッタ「こうもり」ではありませんが、夜通し行うのが慣例。「Gold und Silber」も夜通し行われ、締めくくりはGardemusikのトランペット演奏でした。

なお、YouTubeに公式動画が配信されています。

動画を見ると「舞踏会」ですが、「自衛隊音楽まつり」のようにブラスバンドによるドリルなども披露されています。さすが、国防軍。

20200127004一方、1月24日には、Wiener NeustadtにあるTheresianischen Militärakademie(連邦軍士官学校)で、60回目となる「Burgball」が開催されました。

Wiener Neustadtで開催される舞踏会の中では、ハイライトとされる行事で、こちらも国防大臣が主催者。「Burgball」には2000名以上のゲストが招待され、大変、賑わったようです。

舞踏会では、必ずダンススクールの先生が参加して、演出(振付)を行うのが慣例になっており、今回はSchäfer-Elmayerさんが担当しました。

20200127003連邦軍の広報資料によると、こうちらは、当日、5つの楽団が参加し、様々な音楽が演奏されたようです。

士官学校ということで、若い学生が中心。伝統的なワルツなどに加えて、DJを交えたディスコも人気を集めたようです。

なお、両舞踏会ともに、民間人はドレスなどですが、正装の軍服です。この点が、一般的な舞踏会とは違う点でしょうね。

 ご存じのようにオーストリアでは、現在も徴兵制ですが、士官は職業軍人です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« ウィーン市がクリーンエネルギー推進キャンペーンを展開 | Main | 違法駐車で大迷惑 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーン市がクリーンエネルギー推進キャンペーンを展開 | Main | 違法駐車で大迷惑 »