« 地下鉄が暴走? | Main | まだまだ現役 連邦軍のSaab 105OE »

February 09, 2020

変わったお店シリーズ166 Badenでタイ料理はいかが?

20200208003今日は「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。

最近ではウィーンでもアジア系の料理を提供するお店が増えてきました。基本的には、単一国の料理を提供するというより、アジア各国の料理をまとめて提供する形態が多いような気がします。

例外は「中華料理店」ですね。何しろ地方でも中華料理店があるくらいですから、中国の皆さまのパワーには頭が下がります。

また、和食風の料理を提供する「なんちゃって日本料理店」も、その一つ。「なんちゃって日本料理店」も中国をはじめとするアジア系の方が営業しているようです。

さすがにそれ以外の国の料理店は、ターゲットが絞られるためか、非常に少ないような気がします。ちなみにVolksoperの近くにはチベット料理のお店がありますが、これなどは例外でしょうね。

20200208002さて、先日、Baden bei Wienに行った時、ÖBBのBaden駅から旧市街の某ホイリゲに向かいました。その時、見かけたのが写真の「Saay Rung」というタイ料理店。看板には「Original Thai-Food」と書かれているので、本格的なタイ料理を提供していると思われます。

以前、Badenに行った時には見かけなかったので、ちょっと調べたところ2019年春にオープンしたようです。ウィーン郊外では珍しいタイ料理の店ということで、地元のマスコミなどにも取り上げられています。

Feriは、タイには行ったことはありませんが、オーストリアの皆さんは、暖かいところがお好きで、タイのプーケットなどへバカンスに出かけることも多いとか‥

そう言えば、ウィーン-バンコク(スワンナプーム空港)間にオーストリア航空が定期便を飛ばしていますね。

Baden bei Wienは引退した富裕層も多く住んでおり、バカンスでタイに訪れた方もいらっしゃるかも‥そのように考えると、意外とタイ料理も人気があるのかもしれません。

20200208001Feriは、このお店は利用したことがないので、料理や味についての言及は控えますが、ネット上では、評判がよろしいようです。お店が狭いためか、テイクアウトやデリバリー(別途配達料が必要)を積極的に行っています。お値段は、比較的リーズナブル。

ちなみに日本の皆さまにもおなじみのトムヤムクンは5.5Euro、ライスヌードルを炒めた料理パッタイ(海老入り)が10.9Euroでした。

お店自身もFacebookを使って、様々な情報を発信しています。オーストリアの場合、タイ米は比較的容易に手に入りますが、野菜がネック。Facebookを見ると野菜の一部は自家栽培をしているようです。オーストリアでは、アジア系の料理を作る場合、食材がネックになりますからね。

営業時間は月曜から土曜日までの11時00分から20時00分まで(金曜日は22時30分まで)となっています。デリバリーがあるためか、こちらのお店としては、夜の営業時間が短い感じがします。

異国の地で新しいお店をオープンさせた「アジアの同胞」に応援を送りたいところです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 地下鉄が暴走? | Main | まだまだ現役 連邦軍のSaab 105OE »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 地下鉄が暴走? | Main | まだまだ現役 連邦軍のSaab 105OE »