« 2020年のWiener Linien事業計画 | Main | Krapfen(クラップフェン)の季節がやって来ました »

February 17, 2020

レンタルアパートの調理道具雑感

20200216101日本ではコロナウイルスの感染が全国規模で広がり、屋内のイベントが中止になっているようで、仮に日本が感染国に指定されると、日本からの入国が拒否する国が増えるケースが心配です。

こちらでは20日に開催予定のOpernballを前に、色々な話題がマスコミを賑わすようになりました。

さて、今日は、最近利用する方が増えている「レンタルアパートの調理器具に関する話題」をお伝えしましょう。

前回はレンタルアパートのキッチン家電をご紹介しましたが、今回は調理器具編です。

20200216013多くのレンタルアパートで鍋やフライパンなどが置かれていますが、問題は、その大きさ。小さいとスパゲティなどを茹でるのが大変です。

パスタ専用の深い鍋を備えているところは、少ないようですが、ある程度、大きい鍋があると助かります。フライパンは、テフロン加工のものが中心です。鍋やフライパン用の蓋については、兼用のものが備え付けられているケースが多いようです。

20200216014ただ、これらは実際に現地に行ってみないと、どの程度のものがあるのか、皆目見当がつきません。

パスタを茹でると、湯切り用にザルが欲しくなるのですが、備え付けられていないアパートが多いようです。なお、専門家によると茹でたパスタはザルに開けるよりも、ロングパスタの場合はトングで掴んだ方が良いそうです。

20200216018なお、希にパスタレードルがおいてあるアパートもあります。逆にトングがないアパートが多いのが、困りもの‥お玉も必需品ですが、必ずしも常備品という訳ではありません。

包丁については、肉切り包丁やパン用の包丁など、数種類の包丁を備え付けているところが多いようです。

とにかくアパートによって備え付けられている調理器具に大きな差があるため、初めて利用する物件の場合、いってビックリというケースが多いようです。

友人の話によると手動のジューサー(果物を半分に切って果汁を搾るタイプ)は比較的多くのアパートに備え付けられているとのこと‥ただ、友人は使ったことはないという話でした。

20200216016食器やカトラーに関しては、概ね充実しており、定員の数だけ用意してあります。ただ、割れやすいワイングラスについては、物件によって揃えてある数に大きな差があります。

このあたり定員分が備えられているコーヒーカップなどと大きく異なります。ところで、家具も含めて、これらの調理器具や食器、カトラーはIKEAのものが多いようです。

まぁ、お値段が手頃で、それなりのクォリティだからでしょうね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 2020年のWiener Linien事業計画 | Main | Krapfen(クラップフェン)の季節がやって来ました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2020年のWiener Linien事業計画 | Main | Krapfen(クラップフェン)の季節がやって来ました »