« 季節外れの暴雨風で鉄道が運休に‥ | Main | 2020年のWiener Linien事業計画 »

February 15, 2020

懐かしのWestbahn Hotel

20200214004今日は「ウィーンにまつわる思い出話」です。

Feriが初めてウィーンを訪問したのは1979年のことでした。ただ、この時は、夜行列車でウィーン入りして、1日、市内を回って、再び夜行列車で次の目的地に向かったので、ウィーン市内で宿泊はしていません。

宿泊を伴うウィーン訪問は、その翌年でした。友人と一緒に、ユーレイルパスを使ってドイツ、スイス、オーストリアを鉄道で回っていたので、ウィーン到着は、当然、WestBahnhof。

ÖBBの長距離列車がHauptbahnhofへ移ってしまった今日では考えられないくらい、華やかで賑やかでした。

20200214001当時はバックパッカーのような旅をしていたので、駅の近くに泊まるのが定番。別に予約をしていた訳ではありませんが、駅を出て左側にあったWestbahn Hotelを選びました。

ホテルに荷物を置いて、旧市街へ向かい路面電車などを撮影したのも、今となっては思い出です。その後、しばらくはウィーン訪問時には定宿として利用していました。

先日、Feriの親友から、“そう言えば、西駅の近くにあったWestbahn Hotelは、今でもやっているのかな?”というメールが来ました。

20200214003以前は駅正面の出口を出ると、左側に見えたのですが、再開発で左側に大きな建物(Motel Oneが入っていますね)ができたため、見えなくなりました。そのため、FeriもWestBahn Hotelの存在を忘れていました。

という訳で、先日、所用があってMariahilfer Straßeに行った時、帰りに寄ってみました。まぁ、ネットで検索すればすぐにわかるのですが、やはり現地で確認したいものです。

Westbahn Hotelは現在も営業中でした。中には入りませんでしたが、親友との懐かしい思い出が蘇ってきました。

建物の建て替えは行われていませんが、リニューアル工事を実施したようで、窓周辺のデザインが「今風」に変わっています。

恐らく客室は、大幅にリニューアルされて、快適なホテルになっていることでしょう。しかし、屋上に掲げられた看板は、当時と変わっていないような気がします。

20200214002当時、朝食はウィーン風の簡素なものでしたが、センメルはまずまずの味だったような気がします。この話を親友にしたところ、当時、朝食堂で撮影した写真を送ってくれました。

当時は銀塩写真なので、旅行中に持参できるフィルムの領が限られていました。そのため、記念撮影なども最小限にとどめていたので、この手の写真は珍しいですね。

Feriも若かったこともあり、センメルを3個も平気で食べていましたね。フルスペックのオーストリア料理も、大丈夫でした。

それから30数年が経過した今では、センメルも通常は1個。フルスペックのオーストリア料理も完食は困難になりました。反面、ホイリゲに入り浸る日々になるとは‥人生、わからないものです。

ところで、ÖBBの長距離列車がHauptbahnhofに移ってしまい、長距離列車がWestBahnだけになると利用者の減少は避けられないと思います。

しかも、駅に隣接しているMotel Oneの存在感が抜群です。そういう意味では、もしかしたら苦戦を強いられているかもしれません。そんなことを思いながら、ホテル前を後にしましたFeriでした。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

H_banner

|

« 季節外れの暴雨風で鉄道が運休に‥ | Main | 2020年のWiener Linien事業計画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 季節外れの暴雨風で鉄道が運休に‥ | Main | 2020年のWiener Linien事業計画 »