« ÖBB-ROLAがブレンナー峠で活躍中 | Main | 盗まれた駅名板 »

February 21, 2020

家電製品のお値段雑感

20200221011昨晩は恒例の「第64回オペラ座舞踏会」(64. Wiener Opernball) が盛大に行われました。ORF2でも20時15分から写真の3人がMCを務めて長時間、生中継していました。

さて、今日は「家電製品の話題」をお届けしましょう。

20200221012Feriは、こちらでは基本的に家電製品を買うことはありません。しかし、家電製品には興味関心があるので、時々、量販店などをのぞいて、どんなものが販売されているのかをチェックすることがあります(閑人ですね)。

また、家電量販店の広告などが無料新聞に掲載されていることもあります。そこで、気になるのがお値段です。

20200221001先日、Mariahilfer StraßeにあるBOSCHの店前を通りかかったところ、店頭に2020年新春セールのカタログが置かれていました。さっそく一部、いただいて、帰宅。

商品の値段をチェックしてみました。まず、こちらでは定番の調理家電オーブン(Einbaukackofen)は449Euroから販売されています。もちろん、高機能のものは700Euro以上します。

20200221007実際の為替レートとは違いますが、感覚としては5万円といった感じでしょうね。ちないに449Euroで販売されていたオーブンの希望小売価格は689Euroでした。これは、かなりお買い得。

次に白物家電の代表、冷蔵庫(Gefrierkombination)。

20200221006一般家庭向けの2室構造のものが949Euroから販売されていました。10万円といった感じでしょうか。

ちなみに容量は435リットル。サイズは高さ203cm×幅70cm×奥行き67cmです。こちらの希望小売価格は1379Euroでした。日本では一般的になっているチルド室付きの3室式は1199Euro(希望小売価格1349Euro)でした。

次は調理には不可欠なクッキングヒーター(Induktoniskochfeld)。調理にガスを使わないオーストリアでは、最近、IH式(電磁式)のクッキングヒーターが主流になりました。

20200221003BOSCHでも、当然、製造・販売していますが、このカタログで紹介されていたタイプは4つ口タイプで、お値段は519Euro(希望小売価格829Euro)でした。

そして、以前、このブログでもお伝えした洗濯機(waschmaschine)。タイプはドラム式ですが、「特価」で499Euroの商品(6.5kg)が紹介されていました(希望小売価格689Euro)。

余談ですが、こちらでも「特価」の場合、下二桁が9にするケースが多いようです。いずこも同じ、顧客心理‥というところでしょうか。また、8kgの低騒音モデルは779Euro(希望小売価格は899Euro)でした。

20200221005そして、こちらでは一般的な食洗機(Geschirrspüler)。Feriがお世話になっていたアパートの家主さんは、あまり調理はしませんでしたが、食洗機はしっかり導入していました。

こちらではシンクの下にキッチンにビルトインするタイプが一般的なので、当然、サイズも大きくなります。

気になるお値段ですが、間口が60cmの商品が549Euroから899Euroで紹介されていました(希望小売価格689Euroから1139Euro)。値段に差があるのは、当たり前ですが「機能の差」です。特に乾燥まで行うタイプはお値段が高くなります。

20200221004BOSCHでは調理家電も販売していますが、フードプロセッサー(Küchenmaschine)は439Euro(希望小売価格479Euro)。3種類の回転歯がついています。

最後は電気掃除機(Akkustaubsauger)。日本での人気のあるサイクロン方式のようですが、意外とお値段が高く、429Euro(希望小売価格569Euro)。もっとも、電気掃除機は量販店などに行くと、安いものも販売されているようです。

20200221002実際、このカタログでもポピュラーな紙パックタイプは純正紙パック付きで139Euro(希望小売価格179Euro)で紹介されていました。

最後はスチームアイロン(Dampfbügeleisen)。こちらの方は、男性でもシャツなどは自宅で洗濯し、しっかりアイロンをかけています。

そのため、レンタルアパートでもアイロンとアイロン台が備え付けられていることが多いようです。

20200221008このカタログで紹介されていたスチームアイロンは、49Euro(希望小売価格59Euro)。さすがにお求めやすい価格ですね。

このように日常生活で使う家電製品のお値段を見ると、概ね日本と同じような価格設定になっているような気がします。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« ÖBB-ROLAがブレンナー峠で活躍中 | Main | 盗まれた駅名板 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ÖBB-ROLAがブレンナー峠で活躍中 | Main | 盗まれた駅名板 »