« 変わったお店シリーズ169  NAMASTE ASIAN STORE | Main | 謎のピクトグラムシリーズ ÖBB「CityJet」にて »

March 19, 2020

ウィーン市がコロナウイルス感染者隔離施設を増設

20200319002日本では、今日、3月20日は「春分の日」でお休みですね。金曜日に当たったので、本来は「春の3連休」でお出かけになる方も多かったと思います。オーストリアほどではありませんが、日本もイベントやアミューズメント施設が営業していないので、人出も少ないことでしょう。

しかし、日本は、こちらのように、コロナウイルス蔓延を阻止するため、事実上の「外出禁止令」が発動されなくて良かったですね。

オーストリアのコロナウイルス感染者ですが、3月18日夕方の時点で1646名に増加しています。最も多いのがチロル(382名)で、ウィーンは209名です。

20200319001例年、4月上旬に各劇場が翌シーズンのプログラムを記者会見を開いて発表しますが、今年はコロナウイルス蔓延による非常事態なので、どうなるのでしょうね。

発表延期、インターネットなどによるリリースのみ、テレビによるプレゼンテーションなど代替案も考えられますが、今シーズンのスケジュールがガタガタになってしまったので、その点も気がかりです。内部でも色々ともめていると思います。

また、「Vienna City Marathon」については、主催者から中止の発表がありました。また、事務局スタッフがオフィスに出勤していないため、各種手続きや問い合わせに対する対応に時間を要している模様です。

20200319004ウィーン市では、非常事態を受けて、レオポルトシュタットのMesse Wienに臨時のコロナウイルス感染者隔離施設を開設し、3月17日、Ludwig市長が視察しました。

この施設はMesse Wienのホール15(15000平方メートル)に開設されたもので、ベッド数は880。本格的な医療施設ではないため、軽度または中程度の感染者(経過観察が必要な感染者)を対象としています。

平面図を見ると7つのブロックにベッドが設置されており、中央部には診察室やトイレが設置されているようです。

20200319003全てのベッドに照明、ロック可能な収納庫、携帯電話充電用の電源などが設備されています。また、施設内にはWi-Fiが設置されており、外部と連絡を取ることが可能です。

収容された感染者に対応するため、24時間体制で1000名規模の医師、看護師、救急隊員が交代で対応します。

20200319005現在、Messe Wienを使用するイベントは全て中止になっていますから、その施設を有効活用しようというアイデアです。

もちろん、この施設が活躍しないことがベストですが、今後、感染者が増えた場合、医療崩壊を防ぐための準備を進めている点は評価できると思います。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_austria_001

| |

« 変わったお店シリーズ169  NAMASTE ASIAN STORE | Main | 謎のピクトグラムシリーズ ÖBB「CityJet」にて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 変わったお店シリーズ169  NAMASTE ASIAN STORE | Main | 謎のピクトグラムシリーズ ÖBB「CityJet」にて »