« 今年の四旬節雑感 | Main | 世界が変わった2020年3月に思う »

March 31, 2020

変わったお店シリーズ170「東京レトロ」

202003300012020年3月は新型コロナウイルス蔓延で、世界的に大変な変化が起こった「歴史に残る月」になりそうです。激動の3月、最後の話題は、気分を変えて「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。

日本では、「外国語の屋号」は意外と多いですよね。やはりお客さまにスマートな印象を与えるためでしょうか。

こちらでは、日本ほどではありませんが、時々、外国語の屋号を関したお店を見かけます。飲食店の場合、提供するお料理にちなんだ屋号なので、アジア料理や日本料理の場合、それを連想させる屋号になるのは必然でしょうか。

しかし、物販店の場合、外国語の屋号は、日本よりも少ないような気がします。もちろん、ウィーン市内をくまなくチェックした訳ではありませんので、あくまでもFeriの個人的な印象です。

20200330003

3月上旬、所要があってMariahilfer Straßeに行った時、とあるビルディングの2階に「東京レトロ」なる文字を見つけました。昨年は見かけた記憶がありません。

場所はKirchengasseの交差点近くです。1階には「Intimissimi」というブティックが入っています。その時は、時間がなかったため、気になった2階の「東京レトロ」を訪問することはできませんでした。

窓のディスプレイも含めて、かなり立派な造りなので、後日、訪問しようと考えていた訳ですが、その後、外出制限に加えて、物販店は臨時休業を余儀なくされて、今回はお手上げ。

写真から、予想するしかなかったのですが、記事をまとめるにあたって写真を拡大したところ、店内にはスポーツシューズが展示されていることがわかりました。

20200330004また、窓に貼ってある文字が、いわゆる「外国人が勝手に制作したもの」よりは、書体の洗濯も含めて、体裁が良いので、日本人が関与している可能性があります。

結論を申し上げると、その筋では有名なブランドなので、ご存じの方も多いかもしれませんがアシックスが、過去の東京からインスピレーションを受けデザインにおとしこんだシューズとアパレル「RETORO TOKYO PACK」(レトロトウキョウパック)」」の販売店でした。

20200330002同社のプレスリリースによると「今回の商品は、1964年の東京をイメージし、当時の文化、遺産、職人技などにインスパイアされたデザインを施したのが特徴です。シューズは、ランニング、テニス、バレーボール、タウンユース向けのスポーツスタイルといった複数のカテゴリーを用意しています。当社スポーツシューズの多くに採用してきた赤、青、白といったカラーをベースとし、オリジナルモデルの象徴的なディテールを取り入れつつ、クラシカルなイメージを持たせています。」と紹介されています。

オリンピックという名称は使っていませんが、明らかに前回の東京オリンピックをモチーフにしたシリーズですね。2020年1月から発売が開始されました。

日本では、国際的な印象を強めるため、ブランド名は「RETORO TOKYO PACK」という横文字ですが、逆にオーストリアでは、あえて「漢字とひらがな」で日本と東京をアピール。

ちなみにアシックスは、スポーツ用品(スポーツアパレル及び競技用具)カテゴリーで、東京2020スポンサーシッププログラムにおける国内最高水準のスポンサー「東京2020ゴールドパートナー」です。そこで、このようなブランドを展開したのでしょう。

発売時期が2020年1月なので、ウィーンでの展開と時期が一致します。が、先日、東京2020は延期が決定。出鼻をくじかれた感じになりますが、このブランドがオーストリアで注目されることを祈っているFeriでした。

今日も結局、新型コロナウイルスが絡んでしまいましたね‥

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 今年の四旬節雑感 | Main | 世界が変わった2020年3月に思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今年の四旬節雑感 | Main | 世界が変わった2020年3月に思う »