« 謎の家電製品「Smart Grow」 | Main | 今年の四旬節雑感 »

March 29, 2020

歌劇場の動向

20200327011オーストリアでは、今日から「夏時間」に移行しました。オーストリア航空ですが、新型コロナウイルス感染拡大と各国の入国制限を受けて、全便の運行停止を4月19日まで延長しました。フライトをキャンセルした方が、赤字が出ないと思うので、ある意味、賢明な決断と言えるかもしれません。

ところで、コメント欄で興味深い情報をご提供いただきましたが、オーストリアでも医療崩壊を防ぐため、検査は基本的に発症者に絞っています。

それ故に、外出を事実上、禁止し、接触感染を防止してる訳です。28日、15時現在、感染者数は7995名、死者は68名です。感染者の増加は、若干、低くなってきているようです。また、先日、年代別感染者数が発表されました。

これを見ると、45歳~54歳が最も多く、次に多いのが64歳以上です。逆に5~14歳、5歳以下は非常に少なくなっています。やはり成人で経済活動を行っている人は、色々な人と接触するため、感染者が増えているのかもしれません。

各種の規制により経済活動も制限を受けているオーストリアですが、劇場関連の話題をお届けしましょう。

3月27日の時点では、オーストリア劇場連盟所属の各劇場は4月13日まで休演となっています。ただし、現在、4月と5月の全公演はCulturallでもチケットの販売が休止されています。

20200327001これは公演中止が継続された場合、チケットの払い戻し対応が負担になることを考えているのだろ思います。つまり、状況が流動的であることを物語っています。

さて、チケットの販売も関係するので気になる来シーズンの予定ですが、4月24日に予定されていたVolksoperWienの2020/21シーズン記者会見は中止が決まりました。新しい日程は未定です。

一方、Wiener Staatsoperについては、4月26日11時(現地時間)に2020/21シーズン記者会見が実施される予定です。

それを受けて、Culturallでは4月29日、14時から2020/21シーズンのチケット予約を開始する予定になっています。ただ、これは劇場側が来シーズンのプログラムを予定どおり発表した場合の対応なので、4月26日の状況次第と考えた方が良さそうです。

先日もお伝えしたように、現在、各劇場のボックスオフィスは閉鎖されています。

20200327002なお、グラーツでは4月13日以降の公演については、チケット販売を継続しているようですが、変更や休演の場合があることが明示されています。

なお、休演したチケットを持っている方は、キャンセル以外に別の公演(2020/21シーズンを含む)への振替もできるようです。また、グラーツは、2020/21シーズン記者会見についての情報は、現時点では入手できませんでした。

今シーズンの公演がどうなるかが決められないため、状況によっては来シーズンの公演プログラムにも影響が出ると思います。例えば、公演休止になった期間中に実施予定だったPremiereの扱いなのです。その関係で、通常は4月上旬に記者会見が延期されているのでしょう。

20200327003そして、衝撃的なニュースはSeefestspiele Mörbischから。7月下旬からの公演なので、何とかなりそうな気がしていたいのですが、実は制作(舞台設営、衣装製作、リハーサルなど)が全面的に中断しているため、公演が不可能との結論を下しました。

今年はブロードウェイ・ミュージカル「West Side Story」でしたが、2021年にスライドさせることになりました。東京オリンピック・パラリンピックと同じパターンです。

現在、2021年の公演日程は検討中ですが、すでにチケットを購入している方は、払い戻りも可能ですが、来年、そのまま使えます。

このような状況を考えると、各地で予定されている「夏の音楽祭」も準備が間に合わずに中止という決断を下すところが増えそうな気がします。

ところでSeefestspiele Mörbisch中止という報に触れて、ふと考えたのが、現在、各劇場では稽古が全くできない上に、衣装や舞台装置の準備も行われていない‥ということです。ということは、4月中旬に劇場が再開された場合、レパートリーは何とかなると覆いますが、シーズン後半に設定されているPremiere(新演出初演)については、実施が非常に厳しいような気がします。

色々と考えさせられるニュースでした。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_austria_001

|

« 謎の家電製品「Smart Grow」 | Main | 今年の四旬節雑感 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 謎の家電製品「Smart Grow」 | Main | 今年の四旬節雑感 »