« Starbucks(スターバックス) | Main | ウィーンのパブリックWi-Fi事情 »

April 06, 2020

謎のピクトグラムシリーズ シャワー禁止

20200405001_20200405192801今までマスクをする習慣がなかった欧米ですが、新型コロナウイルスの蔓延にともなって、感染拡大を防ぐため、マスク着用に方針転換した国が増えています。

これは、マスクをする習慣がある日本をはじめとするアジア諸国で感染爆発が、比較的、抑えられていることが背景にあるようです。

オーストリアでもSebastian Kurz首相、自らマスク姿で登場しています。しかし、3月上旬、日本の首相ならまだしも、オーストリアの首相がマスク姿で登場するとは、想像もできませんでした。

また、Sebastian Kurz首相は、新型コロナウイルスのワクチンが開発されるまで、オーストリア人の「旅行の自由」は制限される旨の発言をしています。

ワクチンの開発には1年近くかかると言われていますから、バカンスの制限など、日常生活にも大きな影響を与えそうです。

20200405002さて、今日は「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。ピクトグラムの多くは、利用者に「禁止」や「注意」を促すものが多いのが特徴です。

元々、文字を読むことができない方をそうしているものですから、当然かもしれません。

今日、お目にかけるピクトグラムは、多くの方がご覧になればすぐに解ると思いますが、「シャワー禁止」です。ちなみに右側は「本」のようなピクトグラムですが、これは「使用説明書を読むこと」というピクトグラム。

さて、これはどこで見かけたものだと思いますか? 20200405001勘の良い方はお気づきかもしれません。バスルームで使用する器具に取り付けられていたもの。実は、家主さんが持っていたヘアドライヤー(Haartrockner)についていたものです。

通常、バスルームが単独の場合、電源はありませんが、洗面所が併設されている場合、電源がありますので、ヘアドライヤーの使用は可能です。

さすがにシャワーを浴びた直後にシャワーブースで使う人はいないと思いますが、濡れた状態で使ったら感電に危険性がありますからね。

最近では、メーカーが想定外の使い方をするユーザーが増えているらしいので、一見、当たり前思える注意が必須なのでしょう。

202004050032枚目の写真を見るとおわかりのように、ピクトグラムはかなり大きく、ケーブルに取り付けられていました。

ところで、ヘアドライヤーですが、Föhnと呼ばれることもあるようです。日本でも天気予報などで聞くことがある「フェーン現象」のFöhnです。

元々は「南風」という意味だそうですが、温かい風を吹き出すことから、こういった名称が使われるようになったのでしょう。

機械ですが、何となくロマンを感じる名前ですね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« Starbucks(スターバックス) | Main | ウィーンのパブリックWi-Fi事情 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Starbucks(スターバックス) | Main | ウィーンのパブリックWi-Fi事情 »