« 大型E-Bus(電気バス)が再び試験運転中 | Main | ウィーン市がフィアカー業者を緊急支援 »

April 26, 2020

臨時更新 4月26日、Volksoperが特別プログラムを放送(追記あり)

20200425201Volksoperを始め各劇場で2019/20シーズンの公演がキャンセルとなっていますが、そんな中、4月26日、ORFⅢで「Wir spielen für Österreich」(Wir spielen für Österreich - Eine Initiative von ORF III und Volksoper Wien)というオペレッタ・コンサートを放送(ライブ配信を含む)することが決まりました(現地時間20時15分からの予定です)。

時節柄、ドクターによる出演者に対する検査をはじめ、十分な感染防止対策を施した上での特別コンサートです。なお、会場はORFの施設が使用されるようです。

出演はJohanna Arrouas、Alexandre Beuchat、Stefan Cerny、Ben Connor、Kristiane Kaiser、Oliver Liebl、Martina Mikelic、Rebecca Nelsen、Ursula Pfitzner、Vincent Schirrmacher、Carsten Süssの皆さん。

演奏はORF Radio-Symphonieorchesters WienとVolksopernのピアニストEric Mechanicさん。おなじみのChristoph Wagner-Trenkwitzさんが構成を担当。Robert MeyerさんがMCを務めるようです。

20200426001コンサートでは、Johann Strauß、Franz Lehár、Emmerich Kálmán、Ralph Benatzkyなどの作品からアリアやデュエットなどが取り上げられますが、すでにORFⅢのホームページでは、当日のプログラムも発表されています。Feri、お気に入りの楽曲が盛り沢山。

劇場へ行けないだけに、オペレッタの名曲を楽しめるのはありがたいことです。

このコンサートはORF-TVthek(アドレスはこちら)経由で、こオーストリア全土にライブストリームされます。さらに、テレビ放送後に7日間、デオオンデマンドとして視聴できます。

こんな時こそ自宅でGRÜNER VELTLINERを飲みながらオペレッタ!! 日本から視聴できるかどうかわかりませんが、ご期待下さい。

また、同番組に続いて21時30分から、ORFⅢでは新総裁Bogdan Rošcicさんが出演して、ウィーン国立歌劇場2020/21シーズンのプログラム発表が行われます。さらに22時35分から「Unsere Wiener Staatsoper」というドキュメンタリー作品が放送されます。こちらは1955年の再建当時の逸話なども含めて、興味深い内容のようです。乞うご期待。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_v_02

| |

« 大型E-Bus(電気バス)が再び試験運転中 | Main | ウィーン市がフィアカー業者を緊急支援 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大型E-Bus(電気バス)が再び試験運転中 | Main | ウィーン市がフィアカー業者を緊急支援 »