« 新型コロナウイルス雑感 オーストリアの状況 | Main | 謎のピクトグラムシリーズ シャワー禁止 »

April 05, 2020

Starbucks(スターバックス)

20200404006今日は「カフェハウスの話題」です。皆さま、ご存じのように現在、オーストリアでは「第2の居間」と呼ばれるカフェハウスは営業休止中です。


Feriが40年前に初めてウィーンに行った頃は、ほとんどが伝統的なカフェハウスでした。McDonald’sなどのファストフード店は進出し始めた頃だったと思います。当時は、地元の人も利用していましたが、主に外国人観光客の利用が多かったと思います。


20200404001その後、北米大陸で新しい業態のコーヒーショップが誕生し、ヨーロッパにも進出するようになったのは、皆さまもご存じのとおりです。


その代表は日本でもおなじみのStarbucksでしょう。アメリカ合衆国・シアトルに本社を置く、同社は、現在、世界90の国と地域に展開しており、店舗数は2万店を超えているようです。


ウィーンでも現在、20店舗以上、展開しています。冒頭の写真はウィーン国際空港到着ロビーの店舗。こちらはオープンスペースです。


20200404004ウィーンにお越しになった方は、ご存じかと思いますが、旧市街で展開している店舗に関しては、伝統的な建物に入居しているケースも多く、ファザードには、それなりの配慮が見られます。


3枚目の写真はウィーン子で賑わうNeubaugasseのお店。ファザードはガラスを多用したスターバックスらしいデザインです。


20200404003 最近はスーパーマーケットでもコーヒーの「To Go」(テイクアウト)が増えてきことからも、ペーパーカップでコーヒーを飲むという習慣も、定着しつつあるのでしょう。


Operのはす向かいKärntner Straßeの入り口にもスターバックスがありましたが、最近、場所が移転しました。新しい場所は、以前、別のコーヒーショップが入っていたところで、Hotel Bristolの入っている建物の1階です。


20200404002なぜ、移転したのかはわかりませんが、以前の場所は、インテリア用品を扱うZara Homeになっています。


4枚目と5枚目の写真は、以前の場所にあった頃のスターバックスです。伝統的な建物に入っているため、ファザードは控え目でした。


そう言えば、場所柄なのか、外国からお越しになった観光客の皆さまがよく利用していた気がします。

20200404005最後の写真は、Zara Homeに衣替えしてからのもの。


ファザードがきれいになっており、2階以上と違和感がありますが、新装開店するにあたって、内部の改修に加えて、看板の取り替えだけでなく、外観もきれいにしたのでしょう。


ウィーン市内でも、移転しているスターバックスが結構あるようです。やはりお客さまの入りなどをふまえた判断なのかもしれません。


なお、Feriは日本に来たときはスターバックスを利用することもありますが、ウィーンでは利用したことがありません。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃


Br_decobanner_201105_b_3

|

« 新型コロナウイルス雑感 オーストリアの状況 | Main | 謎のピクトグラムシリーズ シャワー禁止 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 新型コロナウイルス雑感 オーストリアの状況 | Main | 謎のピクトグラムシリーズ シャワー禁止 »