« 今年もドナウ島で未の草刈りが始まりました | Main | ウィーン市が「Restaurant-Besuche」の全世帯配布を決定 »

May 13, 2020

BADEN 2020/21シーズンプログラム

2020051311Volksoperの来シーズンプログラムは、まだ発表されていませんが、BADENの2020/21シーズンのプログラムが発表になりました。最近は冬シーズンと夏シーズンが同時に発表されるようになりました。

まず、2020年6月からの夏シーズンは、現時点では予定どおり上演されるかどうかは、はっきりしません。ただ、一応、上演禁止が6月末までなので、場合によっては7月以降、上演される可能性は残っています。

さて、2020年夏のプログラムはオペレッタが「白馬亭にて」と「蒼いマズルカ」(いずれも夏劇場)、ミュージカル「サンセット大通り」(冬劇場)ですが、6月にPremiereが行われる予定だった「白馬亭にて」は、全公演のキャンセルが決定しました。「白馬亭にて」の大ファンであるFeriとしては、かなりの衝撃‥ 7月にPremiereを迎える残りの2作品については、現在でもチケットの予約は可能です。

このタイミングでの発表をみると、恐らく2019/20シーズンの公演休止に関係なく、既に決定していたプログラムを上演することにしたのだろうと思われます。ウィーン国立歌劇場と同じパターンです。

10月以降ですが、次のような演目がラインナップされました。

2020051313○オペレッタ
GRÄFIN MARIZA」(伯爵令嬢マリッツア、2020年12月19日Premiere)
Emmerich Kálmán作曲の傑作。今更、説明する必要はありませんね。2021年2月4日まで、12公演上演されます。2020年のシルベスター公演も、同作品に決まりました。

タイトルロールのGräfin Mariza にはCornelia Horakさん、Graf TassiloにはReinhard Alessandriさん、Baron Koloman ZsupánにはThomas Zistererさん、LisaにはVerena Barth-Jurcaさんの起用が予定されています。恐らくオーソドックスな演出だろうと思うので、期待できます。

DER VETTER AUS DINGSDA」(2021年4月24日Premiere)
Eduard Künneke作曲の作品ですが。ほとんど情報がありません。1921年にベルリンで初演された作品です。

Badenの場合、あまり上演される機会のない作品を取り上げる傾向がありますが、その一つと言えるでしょう。

ただ、公演回数が4月30日まで、わずか3回と少ないのが玉に瑕。2020/21シーズン、いわゆる市劇場で行われる「冬公演」ではオペレッタは、この2作品と寂しい限りです。

2020051314EINE NACHT IN VENEDIG」(ヴェネツィアの一夜、2021年6月18日Premiere)
こちらは2020/21シーズンの「夏公演」で上演されるため、会場は夏劇場です。2021年9月3日まで13公演、上演されます。

Guido, Herzog von UrbinoにはIurie Ciobanuさん、CaramelloにはClemens Kerschbaumerさん、AnninaにはIvana Zdravkova、さん、PappacodaにはFrenzel Baudischさん、CibolettaにはVerena Barth-Jurca,さんの起用が予定されています。

夏劇場は舞台が狭いので、シンプルな演出になると思われます。

EVA」(エヴァ、2021年7月30日Premiere)
2020/21シーズン「夏公演」の2作品目は、Franz Lehár作曲の「EVA」になりました。2021年9月2日まで11公演、上演されます。「工場の娘」というタイトルで紹介されることがある作品で、工場で働く少女のシンデレラストーリー。

1911年にアン・ディア・クィーン劇場で初演されました。タイトルロールのEVAにはSieglinde Feldhoferさんが起用されます。

2020051312○オペラ
LA TRAVIATA」(椿姫、2021年2月27日Premiere)
2020/21シーズンでは、オペレッタに代わってオペラが一作品、取り上げられます。日本でもおなじみの「LA TRAVIATA」。2021年3月26日まで11公演上演されます。

ViolettaとAlfredは、Badenにしては珍しくダブルキャストですが、Sebastian Reinthallerさんが出演する日があります。

○ミュージカル
ANATEVKA」(アナテフカ、屋根の上のヴァイオリン弾き、10月24日Premiere)
2020/21シーズンのオープニングを飾る作品。11月20日まで12公演上演されます。

HALLO, DOLLY!」(ハロードーリー、2021年1月23日Premiere)
2作品目も、定番の「HALLO, DOLLY!」。2021年3月27日まで13公演、上演されます。

NEUN」(2021年7月9日Premiere)
こちらは2020/21シーズン「夏公演」で上演される作品ですが、夏劇場ではなく、市劇場での上演。2021年9月1日まで12公演上演されます。Maury Yestonの作品で、オーストリア初演です。

この他にも子供向けミュージカル「ROBIN HOOD」やバレエや演劇など、多彩なプログラムが予定されています。ただ、全体的にオペレッタの比重が下がってきているのが気になります。Badenはご年配のお客さまが比較的多いのですが、ミュージカルが増えてきたのも時台の流れでしょうか。

なお、Austria-fan.comにスケジュールを掲載しましたので、ご参考にどうぞ。こちらから

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« 今年もドナウ島で未の草刈りが始まりました | Main | ウィーン市が「Restaurant-Besuche」の全世帯配布を決定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今年もドナウ島で未の草刈りが始まりました | Main | ウィーン市が「Restaurant-Besuche」の全世帯配布を決定 »