« 朗報! 6月15日からオーストリア航空、運航再開 | Main | ツインシティライナーがTulln、Hainburgへ運航 »

May 30, 2020

ウィーンの公共プールが営業開始

20200530116月を前に経済活動や観光関連事業の再開が活発になってきました。5月29日にはウィーン観光の象徴であるプラーターが営業を再開しました。

戦後、再建された観覧車も再び回り出しました。なお、戦後、再開後、これだけ長期間、プラーターのシンボルである観覧車が止まったことはありませんでした。長期間の営業停止は70年ぶりだそうです。

29日には写真のようにMichael Ludwig市長をはじめ、市議会議長、観光局長などの関係者が集まり、再開をアピールしています。

2020052802さて、5月最後の話題は「ウィーンの公共プール営業開始の話題」です。

ウィーンは東京などに比べると小さな街ですが、市営プールが沢山あります。Michael Ludwig市長が「ウィーンにプールのない夏はない」と宣言し、様々な準備を進めてきました。

そして、5月29日、予定どおり市営プールの営業が始まりました。営業を開始したのは屋外のサマープール17箇所、家族用プール10箇所、屋外施設も併設されているHütteldorf、Brigittenau、Jörgerbadなどです。

2020052806今回、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ウィーン市ではプールの営業開始を前に様々な対策をとっています。

まず、新しい利用ルールの設定です。新しいルールは保健省の指示により主に「集・近・閉」を防ぐことを念頭に置いています。

主な追加ルールは、以下のようになっています。

-入場は10平方メートル当たり1名を基準とする
-スイミングプールの利用は水面6平方メートル当たり1名を基準とする
-施設内では他の利用者との距離は1メートルを確保する(同一世帯を除く)
-スイミングプールでは1~2メートルの最低距離を確保する(水浴場の場合は3~4メートル)
-屋内ではマスクを着用する
-入り口、プール端、プール周辺でとどまってはいけない
-ウォータースライダーやレストランの行列では、一定の間隔を確保する

2020052801子供さんに人気が高いウォータースライダーですが、使用禁止にはなりませんでした。ただし、利用者の間隔を開けるような工夫が行われています。

新しい規制にともなって施設内には、新しいピクトグラムが掲出されるそうです。これはピクトグラムが気になるFeriとしては、是非、見たいのですが、現時点では公表されていません。また、10歳未満の子供さんが利用する場合は、監督する大人の同伴が義務づけられています。

ショッピングセンターのような面積規制(10平方メートルあたり1名)が入るため、ウィーン市によると、通常よりも客数を1/3程度減らすことになるようです。それでも、全ての施設を合計すると4万人ほど利用できるそうです。

最も規模が大きい施設はAlteDonauの中州にあるGänsehäufelで、13075名が利用できます。ここは一般的なスイミングプール以外にも、波のプール、多目的プール、水浴場、ヌーディストビーチなどがあります。

2020052804さらにサッカー場やビーチバレーコートなども備えが複合施設(日本流で言えばスパリゾートですね。右の写真が案内図)です。ただし、サッカーの試合をすることは禁止されているため、ピッチは日光浴エリアとして利用されることになりました。

屋内のプールについては、Floridsdorfは準備の都合で6月16日からオープンとなります。この他、ウィーンの公営プールは温泉施設を兼ねているところも多く、ここにはサウナが開設されていますが、さすがに面積規制に引っかかるため、サウナは利用中止となりました。

2020052803また、屋外のサマープールは、天候によって利用者の数が大きく変動します。そこで、ウィーン市では、インターネットやスマートフォンアプリなどを通じて、利用状況を随時、情報発信することにしているようです。

また、当日、面積規制で入場制限がかかった場合は、看板や青旗で表示することになりました。

しかし、ウィーン市は粋なことを考えました。利用制限があるため、今シーズンは値段を下げた特別料金を設定したのです。

6歳までの幼児は無料、7歳~14歳までの子供は1Euro、15歳~18歳のジュニア、63歳以上のシニアは2Euro、大人は3Euroです。

これはチケットを単純化することで、チケット売場での待ち時間短縮と行列解消も狙っているようです。

2020052805料金の変更にともない、MonatskartenやAll-Inclusive-Cardsなどは2020年の夏シーズンは使用できません。これは、チケットを販売することで、入場者数をコントロールする意図があると思われます。

また、法的要件により、各種イベントは中止となっています。ところで、今回、プレスリリースの写真ですが、Feriの散歩コースにアルOttakring Badですね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« 朗報! 6月15日からオーストリア航空、運航再開 | Main | ツインシティライナーがTulln、Hainburgへ運航 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 朗報! 6月15日からオーストリア航空、運航再開 | Main | ツインシティライナーがTulln、Hainburgへ運航 »