« ウィーンが「世界で最も緑の多い都市」に選ばれました | Main | PraterstraßeにPop-Up-Bikelane が誕生 »

May 10, 2020

ÖBB“CityJet eco”試験営業運転中

2020050802今日は「ÖBBがテスト中の新型電車の話題」です。

実は2019年に現車が落成し、すでにお客さまを乗せて営業運転も開始しているのですが、Feriが見落としていました。お恥ずかしい限り‥

愛称は「CityJet eco」。大容量バッテリーを搭載した電車で、電化区間と非電化区間の両方を走ることができる車両です。

2020050805この電車はSIEMENSとÖBBが近郊型CityJet4046型(6扉車)をベースに共同開発したもので、中間車に大容量バッテリーを搭載しています。

ちなみに形式は4046型のままで、番号は049となっています。日本の場合は、このように既存の形式に大規模改造を施したケースでは、番台を分けることが多いのに、意外な気がします。

もしかしたら、長期試験終了後、バッテリーなどの装置を外して、オリジナルの4046型に戻すことを考慮している可能性があります。

ÖBBが提供しているリーフレットを見ると、電気方式は異なりますが、JR九州が導入したBEC819系電車と似たシステムのようです。

2020050803CityJet ecoも「架線走行モード」と「バッテリー走行モード」の2つの走行モードがあり、電化区間では通常の電車と同じくパンタグラフを上げて架線から電力を取り入れて走ります。

一方、非電化区間では、パンタグラフを下げて、充バッテリーモードモード走ります。架線のある区間では、主変圧器で降圧された交流電源は主変換装置に送られ、直流に変換され、バッテリーに充電されます。

当然、電力回生ブレーキを装備しており、「架線走行モード」、「バッテリー走行モード」とにブレーキを使用すると主電動機が発電機になり、バッテリーに充電する仕組みになっています。

20200508043両1ユニットの4746型は両端が電動車ですが、バッテリー駆動時は、別々のバッテリーから電動車に電力が供給されるようになっています(非常時には接続可能)。

バッテリーの容量は528kWhと大容量ですが、性能はバッテリー駆動時の方が低くなっています。

2020050801ちなみに最高速度は架線走行モードの場合、140km/hですが、バッテリー走行モードの場合、100km/hです。加速度も架線走行モードの場合、1.0m/s2ですが、バッテリー走行モードの場合、0.77m/s2となっています。

バッテリーは屋上に搭載されているため、客席数などは通常の4746型と同じです240席で、その他の車内設備も通常のCityJetと同じ仕様です。

ただし、利用者にアピールするため、写真のような特別塗装になっています。

2020050806オーストリアは電化区間が多い印象ですが、実は1/4は非電化(1300km)で、現在はディーゼルカーが使用されています。

そこで、ÖBBでは、「Update Flottenstrategie 2035」というプロジェクトの一環として、CO2削減と騒音削減を目的に、CityJetecoを開発したものです。ちなみにヨーロッパで電化区間、非電化区間の両方を走るハイブリッド電車で営業運転に供されているのは、このCityJet ecoが初めてです。

2020050807現在、シュタイヤマルク州オーバーエスターライヒ州(Graz-Spielfeld-Straß-Bad Radkersburg間)で実際に乗客を乗せた試験運行を行っています。

ただ、一編成しかないため、毎日、運行されている訳ではなく、ÖBBのホームページで運転日が公開さえています。

今後、量産されるかどうかは、現時点では明言されていませんが、今後の動向に注目したいと思います。恐らく量産化される際には、テスト結果を元にハイブリッド用に専用設計された新形式が誕生するような気がします。

しかし、日本とオーストリアで、同じような発想の鉄道車両が開発され、運用に供されている点は興味深いですね。

最後にドローンによる空撮を多用したプロモーションビデオをお目にかけましょう。しかし、こういった映像づくりは、上手ですね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります
Br_decobanner_austria_001

|

« ウィーンが「世界で最も緑の多い都市」に選ばれました | Main | PraterstraßeにPop-Up-Bikelane が誕生 »

Comments

細かいですが、テストの行われいてる区間の州はシュタイアマルクです。終点のBad Radkersburgは保養温泉地、州都Grazを流れるMurの下流で、現在はスロヴェニアとの国境、かつては河を越えて路線が延びていましたが、スロヴェニア側は旅客営業は休止の模様です。ここの駅は町の中心からは少し離れていますが、趣のある市街地外周には濠が残っています。
運転的には、スロヴェニアとの国境駅のSpielfeld-Straßで方向転換です。

Posted by: Mur | May 10, 2020 07:14

Mur様

ご指摘、ありがとうございます。勘違いしておりました。修正して起きます。

Posted by: Feri | May 10, 2020 08:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンが「世界で最も緑の多い都市」に選ばれました | Main | PraterstraßeにPop-Up-Bikelane が誕生 »