« セメリングベーストンネルの今 | Main | ウィーン最大の太陽光発電プラントが稼働 »

May 18, 2020

Weingut Cobenzlがバーチャルワイン試飲会を企画

20200518015月15日から、オーストリアではレストランやカフェなどの飲食店が営業を再開しました(営業時間は6時~23時まで、クラブ、ディスコは除く)。気になるのはお客さまが戻ってきたかどうか‥という点。

ウィーンでは、週末、天気が悪かったこともあり、予想よりもお客さまの入りは悪かったようです。天気が良ければ、感染リスクが比較的少ないシャニガルテンという手もありますが、如何せん、天気が悪いと‥ ただ、高級レストランは、それなりにお客さまが来店したようです。

飲食店の場合、2ヵ月間という長期のロックダウンを経験しているため、住民が外出することに慎重になっているという背景もあります。物販店も、飲食店の営業再開で、来店客数が増えると期待していたようですが、思った程、伸びなかったとか‥

特に旧市街のKärntner Straßなどは、閑散としていたようです。まぁ、あの当たりは、基本的に外国人観光客が多かったですから、地元の方だけとなると、人出は限られますね。

また、オーストリアでもテレワークが推奨された結果、ランチタイムのお客さまが激減しているようです。

2020051802この他、従業員にはマスク着用が義務づけられていますが、働きにくいという不満が募っているようです。このような状況を見ると、経済の復興には、かなり時間がかかりそうです。

また、教会のミサも再開されましたが、Stephansdomでは、参列した信徒に賛美歌の斉唱をしないように案内があったようです。

そんな中、5月15日からWeingut Cobenzlがユニークな企画を実施しました。「テイスティングボックスとバーチャルワイン試飲会」です。

例年ですと、Weingut Cobenzlでは5月に「Tag der offenen Kellertür」(オープンハウス)を開催しています。Feriも、過去に何回か行ったことがあります。

最初に試飲券を買って、これを使ってテイスティングを楽しむという楽しい行事。通常のテイスティングルームだけではなく、工場内に仮設の客席が設置されます。

2020051803しかし、多くの人が集まる行事のため、今年は中止。そこで、代わりに企画されたのが、「自宅でワイン試飲会を楽しもう」というものです。

Weingut CobenzlのマネジャーであるThomas Podsednik氏らが、インターネット上でワインに関するプレゼンテーションを実施。ちなみに5月15日、11時から第1部が配信され、続いて4部まで、週1回配信。これを見てから、自宅でテイスティングをするというものです。

では、テイスティングをするワインは、どうやって入手するのか?という疑問が生まれますが、そこは太っ腹のWeingut Cobenzl。

テイスティングボックス(Die Degustationsboxen 、Wiener Vielfalt & Wiener Lagen)を準備。料金は、通常の50%Off。それに加えて、オーストリア内は送料無料。

2020051805○Verkostungspaket „Wiener Vielfalt“
以下の6本セットで、通常価格85.60Euroが、42.80Euroの特価で提供されます。
-Wiener Gemischter Satz DAC 2019
-Ried Reisenberg - Grinzing, Wiener Gemischter Satz DAC 2019
-Ried Steinberg - Grinzing, 1 ÖTW, Wiener Gemischter Satz DAC 2018
-Grüner Veltliner Grinzing 2019
-Riesling Nussberg 2018
-Cuvée Atrium 2016

2020051804○Verkostungspaket „Wiener Lagen“
以下の6本セットで、通常価格91.70Europが、45.80Euroで提供されます。
-Ried Pfeffer - Sievering, Grüner Veltliner 2018
-Ried Preussen - Nussberg, 1 ÖTW, Riesling 2018
-Ried Reisenberg - Grinzing, Weißburgunder 2018
-Gelber Muskateller - Bisamberg Kreuzenstein 2019
-Ried Seidenhaus - Grinzing, 1 ÖTW, Weißburgunder 2018
-Ried Bellevue - Sievering, Pinot Noir 2016

これでしたら、外出を躊躇してしまうご年配の皆さまも楽しめますね。しかし、Thomas Podsednik氏がテイスティングボックスを掲げている写真ですが、見事な黄昏時を選んでいるところが、何とも言えません。Feriの心を鷲掴みにする心憎い演出です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

H_banner

 

| |

« セメリングベーストンネルの今 | Main | ウィーン最大の太陽光発電プラントが稼働 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« セメリングベーストンネルの今 | Main | ウィーン最大の太陽光発電プラントが稼働 »