« 大胆な空陸転換プロジェクトを発動 | Main | 夏のバカンス異変? »

June 10, 2020

黄昏のCobenzlでピクニックを楽しもう!!

2020061001今日は「手軽なレジャーの話題」をお届けしましょう。自然が豊富な街ウィーン。ウィーンの森やドナウ島などハイキングに最適な場所が沢山あります。

新型コロナウイルス感染防止のためのロックダウンが解除されたのを受けて、6月11日からWeingut Cobenzlとimpacts Cateringが共同で、ピクニックボックス(Picknick-Genussbox)の提供を始めました。

事前に申し込みをしておき、当日、オーストリア料理とワインがセットになったピクニックボックスをimpacts Picknick Hütteで受け取り、ピクニックをお楽しみくださいという趣向です。

ピクニック用の広いスペースも用意されており、Feriが大好きな黄昏時のウィーンを堪能できます。確かにCobenzelの夕日は美しい‥

という訳で、今夏、遠くに出かけなくてもウィーン市内でバカンスを気分を楽しめます。

2020061002Genuss am Cobenzl」のベースとなるのはPicknick-Hütteで、芝生の中で本格的なピクニックを楽しむことができます。

また、ブドウ畑の中にはHeurigen-Garniturenも30箇所、設置されるようです。トイレなども設置されるので、安心してピクニックを楽しめます。何となく毎年、秋に実施しているワイン・ハイキングとイメージが重なります。

なお、「Genuss am Cobenzl」には公共交通機関でもアクセスが可能。HeiligenstadtまたはGrinzingから路線バス38Aで、Cobenzl Parkplatz停留所へ。ここから徒歩で、Höhenstraße/Oberer Reisenbergweg方面へ向かいます。

impacts Picknick Hütteでは、季節のオーストリア料理や各種ワインなどを販売しており、当日の購入も可能です。

なお、事前にインターネット(www.impacts.shop)でピクニックボックスをオーダーすると、テーブル席が予約されるシステムになっています。

2020061003ピクニックボックスは「Classic Picknick-Box」と「Veggie Picknick-Box」の2種類で、お値段は69Euro。

天気が良いから、ちょっと行ってみようか‥というパターンならば問題はありませんが、事前に予約していたにもかかわらず、天候が悪化してしまった場合、SNSで営業休止の案内が入り、ピクニックボックスが宅配されます。

そして、自宅で楽しむことになります。まぁ、雰囲気は出ませんが、やむを得ませんね。

「Genuss am Cobenzl」の営業時間は、金曜日・土曜日は14時から23時、日曜日・祝日は11時から20時までとなっています。始まりましたね。週末の深夜営業。

お料理の詳細についてはホームページで紹介されていますが、別途、追加注文ができるとはいえ、ワインが1本とはちょっと寂しい気がします。最も、別の種類のワインを楽しむことが前提なのだと思います。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

H_banner

| |

« 大胆な空陸転換プロジェクトを発動 | Main | 夏のバカンス異変? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大胆な空陸転換プロジェクトを発動 | Main | 夏のバカンス異変? »