« 街が舞台、今夏、ウィーンで「Kultursommer 2020」開催 | Main | 大胆な空陸転換プロジェクトを発動 »

June 08, 2020

特報 Volksoperが6月に特別公演実施

20200608013月15日以降、2019/20シーズンの全プログラムがキャンセルされたVolksoperですが、ロックダウン解除後、2020/21シーズンに向けてリハーサルが始まっています。

そんな中、Volksoperから6月中旬から下旬にかけて特別公演を実施するというアナウンスがありました。

当初、DirektorのRobert Meyerさんは、公園での野外コンサートを企画していましたが、当局から許可が下りなかったため、別途、劇場で小規模な公演を行うことにしたようです。

公演(コンサート)は全9回、各回100名の観客に制限されますが、チケットは一律15Euroです。公開ゲネプロと同じ料金ですね。やるねぇ、Robert Meyerさん。チットは6月9日から一斉発売です。

Volksoperの劇場定員は1300名弱ですから、ここで100名限定のコンサートを開催すれば、ソーシャルディスタンスの確保は十分に可能でしょう。

気になるプログラムは、以下のとおりです。
○Antonio Vivaldi「Die vier Jahreszeiten」(四季)
-6月13日(土曜日)、16時00分と18時00分(2回公演)
-6月14日(日曜日)、18時00分

○Konzert des Salonorchesters der Volksoper Wien
-6月20日(土曜日)、16時00分と18時00分(2回公演)
-6月21日(日曜日)、18時00分

○Operettenkonzert
-6月27日(土曜日)、16時00分と18時00分(2回公演)
-6月28日(日曜日)、18時00分

Feriとしては、2019/20シーズンのフィナーレに「Operettenkonzert」を持ってきてくれたことに感謝。こちらは歌手が入るのか、演奏だけなのかは、現時点では不明です。

2020060802なお、Volksoperでは新シーズンに向けて、6月から個別の稽古やリハーサルが本格的に始まっています。

歌手個人の稽古は個室で分かれて行われているため、問題はありませんが、歌手が複数参加して、ステージ上で行われるリハーサルは、現在、フェイスガードを付けて行っているそうです。

現在、リハーサルが行われているのは9月13日にPremiereを迎えるミュージカル「Sweet Charity」。今はグループ毎の稽古を行っているようで、夏休み明けの8月20日からは、条件を緩和してリハーサルが再開される予定です。

最もFeriは劇場内に潜入してリハーサルを見た訳ではないので、あくまでも報道による情報ですが‥

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_v_02

| |

« 街が舞台、今夏、ウィーンで「Kultursommer 2020」開催 | Main | 大胆な空陸転換プロジェクトを発動 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 街が舞台、今夏、ウィーンで「Kultursommer 2020」開催 | Main | 大胆な空陸転換プロジェクトを発動 »