« 黄昏のCobenzlでピクニックを楽しもう!! | Main | プラーターにまもなく「Königreich der Eisenbahnen」が誕生(上) »

June 11, 2020

夏のバカンス異変?

2020060902このブログでもお伝えしたウィーン・Messeに設けられた新型コロナウイルス感染者の収容施設ですが、感染者数が減少したことから、7月末に閉鎖されることが発表されました。

さて、今日はオーストリアの皆さまが楽しみにしている「夏のバカンスにまつわる話題」をお届けしましょう。

“遊ぶために働いている”と揶揄されるほど、遊ぶことに気合いが入っているオーストリアの皆さま。ただ、今夏は新型コロナウイルス感染拡大により「バカンスのあり方」も大きく変わろうとしています。

2020060904このブログでもお伝えしているように、6月中旬以降、隣国との国境は徐々に開放されるようですが、オーストリア連邦政府としては、「今夏のバカンスは国内でね」というのが基本スタンス。

そんな中、国から資金援助を受けているオーストリア航空は、バカンス地へのチャーター便を飛ばして大丈夫なのでしょうかね。

さて、こんな中、密かなブームになっているのが、オートキャンプ。

2020060905元々、オートキャンプが日本よりも盛んな国で、リゾート地にはオートキャンプ場が整備されているところも多数。

また、長期の休みをとることが多いため、キャンピングカーを所有している人も、日本より多いかもしれません。

また、夏のハイシーズンには、隣国のドイツからキャンピングカーにレジャー用品を満載してザルツカンマーグート方面に向かう家族を多数、見かけます。さすが陸続き。

2020060903キャンピングカーには、エンジンを搭載して自力で走行できる専用モデルと、乗用車により牽引するトレーラータイプがあるのは、皆さまもご存じのとおり。

今夏は、ホテルなどが営業を再開しているとは言え、やはり新型コロナウイルス感染が心配な方が、移動も含めて、家族以外との接触を避けることができるオートキャンプを考えているようです。

自前のキャンピングカーがあれば問題ありませんが、そうは言っても、所有していない方はレンタル会社へGO。

2020060901Feriの友人ご夫婦も、今年は他国への遠征は断念し、オーストリア国内のオートキャンプを考え、さっそくレンタカー会社へ連絡を入れたようです、が、すでに予約で満車。誰でも考えることは同じです。

また、日本も含めて、大打撃を受けているのが、旅行会社。オーストリアでは、地方に行くと、個人経営の旅行会社も多く、家族と少人数の従業員でバスツアーを企画・運営しています。

従来は近隣の外国も行き先に入っていたのですが、今夏の目的地は国内が増えているようです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 黄昏のCobenzlでピクニックを楽しもう!! | Main | プラーターにまもなく「Königreich der Eisenbahnen」が誕生(上) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 黄昏のCobenzlでピクニックを楽しもう!! | Main | プラーターにまもなく「Königreich der Eisenbahnen」が誕生(上) »