« ウィーンの夏 市内の水浴場で楽しもう | Main | DomからDomが去った日 »

July 28, 2020

ウィーンのアスレチックパークで健康増進

2020072707オーストリアでは、St.Wolfgang Seeでのクラスター発生が、大きな衝撃を与えています。

夏のバカンスを前に、オーストリア内の観光地が安全であることをアピールしようと考えていた矢先、St.Wolfgang、St.Gilgen、Riedという複数の街でのクラスターが発生。現在、53名の感染者が確認されているそうです。

これで、EU圏内から、オーストリアのリゾートエリアに来るお客さまが減ってしまう可能性があります。

2020072701今日は「ウィーンの公設アスレチックパークの話題」をお届けしましょう。

ウィーンは公設の公園が多い街ですが、子供さん用の遊具に加えてアスレチック施設を備えた「Wiener Motorikpark」という公園もあります。

2020072704いずれも屋外の施設で、利用者の年齢に合わせた施設があり、子供から大人まで、自分のペースに合わせて各種エクササイズを行うことができます。

しかも利用料金は無料です。また、水飲み場も設置されています。両施設とも愛犬の入場は禁止されています。

○Motorikpark in der Donaustadt
Donaustadt(22区)にあるアスレチックパークで、敷地面積は21000平方メートル。

2020072702ウィンドサーフィン・シミュレーター、バランス・ワークショップ、ネット・クライミング、ランニング用パラレルスラローム、ハードルコース、トランポリンなど23種類の施設に、100台以上のアスレチック機器が設置されています。

ここには700メートルのランニングコースや小さな子供さん向けの水遊び場も併設されています。さらに駐車場も併設されています。

2020072706先日、ご紹介したウィーン市提供の航空写真にもMotorikpark in der Donaustadtがありましたので、空からの模様をお目にかけましょう。

なかなかゆったりとしたコース配置になっていることがわかります。

○Helmut-Zilk Park(Motorikpark 10)
10区のFavoritner Sonnwendviertelに併設されたMotorikparkで2017年にオープンしました。Hauptbahnhof新設に関連する再開発の一環で生まれた公園です。

2020072705全体の敷地面積は70000平方メートルで、そのうちアスレチックエリアは1400平方メートル。

持久力や筋力トレーニング、バランス感覚醸成などを目的とした10以上の「遊び心がある施設」が設置されています。

日本の場合、事故防止の観点から、最近では遊具を廃止する公園が増えていますが、ウィーンの場合、このようなアスレチック施設が無料で開放されています。

2020072703専任の監視要員も配置されていないようなので、利用は基本的に自己責任というスタンスに立っているのでしょう。

このあたりも考え方の違いかもしれません。

今夏は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、夏休み期間中、ウィーンにとどまる人も多いかもしれません。そういう皆さまには、最適の施設でしょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« ウィーンの夏 市内の水浴場で楽しもう | Main | DomからDomが去った日 »

Comments

はじめましてFeriさん。いつも役立つ情報有難うございます。たまたま最近22区のMotrikparkに行ってきました。イケアのレストランから見える公園なので気になっていましたが結構本格的なアスレチックでした。土曜日でしたが専任のメンテナンス作業員のような人が居ました。また応急処置セットが置いてあるみたいでした。また、少し離れた所にトイレもあり、軽食を売っているお店もありました。

Posted by: grapee | July 29, 2020 04:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンの夏 市内の水浴場で楽しもう | Main | DomからDomが去った日 »