« マスク非着用のお客さまは罰金です | Main | 幻の「オリンピック・ウィーン大会」、オリンピック雑感 »

July 22, 2020

建設が進むWiener Pratersternの警察署

2020072110日本は今日から4連休という片もいらっしゃると思います。本来ならば「Go Toキャンペーン」を利用しての景気回復を目論んでいたと思うのですが、どのようになるでしょうか。

さて、今日は「Wiener Praterstern駅で建設が進められている警察署の話題」です。

現在、Wiener Praterstern駅では、旧市街側(西側)でÖBBの駅舎増築(900平方メートル)に合わせて地下鉄U1出口と駅コンコースを統合する工事を進めています。

この工事に合わせて駅舎の増築部分に警察署を併設することになりました。今回、建物の外観がほぼできあがったことを受けて、ÖBB、Wiener Linien、ウィーン市の関係者などが視察を行ったというニュースが入ってきました。

2020072113こちらの建設現場では必ず見かける大型クレーンも撤去されており、新しい警察署の外観が姿を現しました。

Wiener Praterstern駅は、皆さまもご存じのようにÖBBに加えて地下鉄U1、U2が乗り入れているため、1日の利用者が15万人を越える都市交通の要衝です。

このエリアは、ウィーン市によって屋外禁酒になったように、正直なところ、あまり治安がよくありません。そこで、治安維持のために警察の働きが重要になってきます。

今回、ウィーン警察は、ÖBBから増築部分のうち、650平方メートルを借り受け、警察署を設けることになったものです。完成後は、最大65名の警察官が配置される予定で、24時間、有人で対応します。

2020072111実は2014年までは、Wiener Praterstern駅に隣接して警察施設がありましたが、老朽化が進んだ上に手狭になったことから、一旦、廃止されました。

今回、駅舎の増築に合わせて、新たに警察署の新設に踏み切ったものです。

今後、内装工事などに移り、年末には警察署が完成し、運用を開始する予定になっています。

比較的治安の良いウィーンですが、最近は物騒な事件も増えているので、警察の活動拠点が駅に併設されることは、治安維持に大きく寄与すると思われます。

余談になりますが、2枚目の関係者視察時の記念撮影ですが、お互いが微妙に距離をとっているように感じます。ソーシャルディスタンスを意識しているのでしょうかね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« マスク非着用のお客さまは罰金です | Main | 幻の「オリンピック・ウィーン大会」、オリンピック雑感 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« マスク非着用のお客さまは罰金です | Main | 幻の「オリンピック・ウィーン大会」、オリンピック雑感 »