« 秋からのオーストリア航空の運行拡大計画 | Main | 10区に新しい生活様式対応の「おしゃべりコーナー」ができました »

July 12, 2020

ウィーン博物館リニューアル工事スタート

2020071112今日はKarlsplatzにある「ウィーン博物館リニューアル工事スタートの話題」です。

常設展はもちろんのこと、ユニークな企画展を開催しているウィーン博物館ですが、このブログでも2018年4月の記事(詳しくはこちらから)お伝えしたように設備の拡充を図るため、全面的なリニューアル工事を行うことが正式に決まりました。

ウィーン博物館Karlsplatzは、Oswald Haerdtl氏が設計したもので、1959年にオープンしました。

途中、改修工事なども行われていますが、さすがに60年以上経過し、老朽化と設備の陳腐化が目立つようになったことから、拡張を含むリニューアルが検討されてたものです。

2020071115今回、各種の手続きや事前調査が完了し、7月10日、現地で、盛大に起工式が行われました。

日本では建設現場の起工式は「鍬入れ式」ですが、こちらでは写真のようにスコップを使います。でも、使う道具は異なりますが、基本的な考え方は一緒ですね。

ウィーン博物館のリニューアルプロジェクトで最も困難だったのが予算の確保でした。

20200711182018年4月の記事でお伝えしたように、今回は今までの建物をそのまま使って内部をリニューアルするのではなく、新しい建物も建設され、施設が大幅に拡充されます。

工事完成後は、展示スペースが、従来の倍になる予定です。展示スペースの拡大により、ウィーン市が所有する貴重なクリムトのコレクションなど、100万点以上が含まれます。

2020071113工事に伴い常設展示は2020年2月14日をもって終了。特別展については、ウィーン・ミュージアムMUSA(Felderstraße6-8)に場所を移して開催中です。

現在の建物を完全に解体して、新しい建物を建設するスクラップアンドビルド方式ではなく、現在の建物を部分的に活用しつつ、新しい時代に合わせて増築する方式が採用されます。

2020071116これは、博物館の建てや事態が歴史的な価値があるため。つまり「建物も展示物」という考え方です。

リニューアル後は、完成予想イラストのように屋上には広いテラスが設けられることになっています。 今後、ファサードの部分的な解体、倉庫エリアでの掘削作業、内部の解体作業、新しい2階建て構造の基礎工事などから行われ、2023年にオープンする予定です。

2020071117Feriも、何度かウィーン博物館Karlsplatzを訪れていますが、印象に残っているのは、常設展示では、古いウィーン市街の巨大ジオラマです。また、ユニークなテーマの企画展も多々、開催されています。

例えば、2007年に開催された「GROSSER BAHNHOF」(大駅展)。博物館前に実物の小型蒸気機関車を展示していました。

2020071120特別展ではWestBahnhofやWien Nordの完成予想イラストや模型が展示されていました。そう、当時は工事が本格的に始まっていなかったのです。

今、当時の完成予想イラストを見ると、当たり前ですが、そのとおりにできあがっており、感慨深いものがあります。

ただ、この時点ではHauptbahnhofに関する展示はなかったような気がします。

2020071121また、2008年には「BABY AN BORD」と名付けられたベビーカー特別展が開催されました。

とにかく大量の実物が展示されており、昔からベビーカーが一般化していたことがよくわかりました。時代によって、その構造が変わってきたことも、手に取るようにわかりました。

2020071119博物館の性格上、ウィーンに関する特別展が多いのですが、2008年2月から5月にかけて、「NAGOYA Das Werden Der Japanischen Grossstadt」という企画展も開催されました。

Feriは、さすがに特別展を見ませんでしたが、当時のリーフレットだけは手元に残っています。

これを見ると甲冑や骨董品、錦絵などはわかるのですが、パチンコ台が展示されていたようです。

2020071114日本の方ならご存じのように、パチンコ台メーカーの本社が多いのが名古屋。実際、ウィーン博物館にパチンコ台の実物が展示されていたのでしょうか。

しかもリーフレットには、パチンコ屋新装開店のポスターらしき画像も‥

2020071111今だったら、こういったレアな展示は、絶好のブログネタ。ウィーン人のメンタリティがわかりますから‥ 今、考えると見学しなかったのが惜しまれます。

話が横道に逸れましたが、ウィーン博物館Karlsplatzは、生徒や学生の課外授業にも使われる施設なので、今回のリニューアルで、その機能が高まることを関係者も期待しているようです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« 秋からのオーストリア航空の運行拡大計画 | Main | 10区に新しい生活様式対応の「おしゃべりコーナー」ができました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 秋からのオーストリア航空の運行拡大計画 | Main | 10区に新しい生活様式対応の「おしゃべりコーナー」ができました »