« オーストリアの皆さまは病気で何日休むか? | Main | ウィーンに誕生「Cluster Busters」 »

October 01, 2020

「Die kleine Bucht am großen Strom」、ドナウ島の新しい自然遊歩道

20201001019月ですが、最もアクセスが多かったのが9月30日でした。これは、ココログのログイン画面に「オーストリアこぼれ話」が掲載されたため、「試しにお寄りになった方」が増えたのではないか…と考えています。

9月の記事では、日本でも報道された「コロナ信号がスタート」、「闇餃子工場の摘発が相次ぐウィーン」、「新型コロナウイルス渦でオーストリアの不動産事情も様変わり」などの記事のアクセスが多かったようです。

さて、秋が深まったウィーンですが、今日は「ドナウ島の新しい自然遊歩道の話題」をお伝えしましょう。

2020100102ウィーン子のリラクゼーションエリアは色々ありますが、その一つがドナウ川本流と新ドナウの中州「ドナウ島」(Donauinsel)です。島には、畑などが点在しており、のどかな風景を楽しむことができます。U1のドナウインゼル(Donauinsel)駅から徒歩10分ほどでアクセスできます。

今回、整備された遊歩道はライヒスブリュッケ付近の水辺と森を周回するコースで、自然の多様性を体験することができます。

2020100103名称はちょっと長いのですが、「Die kleine Bucht am großen Strom」(大きな川の小さな入り江)。ウィーン市では、8歳から12歳の生徒さんの課外活動や子供さんのいる家庭に最適なコースと明言しています。

また、単に自然を観察するだけでなく、ドナウ島がウィーンを洪水から守るために整備されたという歴史を学ぶこともできます。

2020100104また、ビーバーや野鳥などの動物を観察することもできます。なお、コース内には、解説設備を備えたステーションが7箇所、設置されています。

この他、ウィーン市のホームページからは課外活動用の資料もダウンロードできるようになっています。今回、お目にかけるのは、その一部です。今回の自然遊歩道ですが、EUプロジェクトURBforDANの一環としてウィーン市が約115000Euroの費用で建設されました。

屋外なので、ソーシャルディスタンスを確保しやすいので、秋のお散歩には最適のコースだと思います。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります 😃

Br_decobanner_201105_b_3

|

« オーストリアの皆さまは病気で何日休むか? | Main | ウィーンに誕生「Cluster Busters」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オーストリアの皆さまは病気で何日休むか? | Main | ウィーンに誕生「Cluster Busters」 »