« Rathausplatzのツリーがウィーンに向かっています | Main | 臨時更新 11月3日からの新しいコロナ規制(追記あり) »

October 31, 2020

「動物の記者会見」がありました

2020103112今日から11月ですが、最初の話題は「動物の記者会見」です。

当たり前ですが、本物の動物が記者会見をした訳ではありません。1984年5月、ハインブルグ近郊に発電所を建設することに反対する市民グループが住民投票を前に「動物たちの記者会見」を行いました。

この活動は、芸術家や作家といった文化人の支持を受けて広がりをみせ、Zwentendorf原子力発電所の稼働停止などに結び付き、オーストリアの環境保護運動誕生につながったと位置づけられています。

今回、原点に立ち返り、新時代の環境保護運動をスタートさせるため、故事に習って当時のコスチュームを活用して「動物の記者会見」が開催されたものです。

会場は日本の皆さまにもおなじみのKunstHausWien(クンストハウス・ウィーン)。これはGLOBART ACADEMYのスタートアッププログラムとして企画されたもの。

環境保護に熱心な皆さまが、ご覧のような鵜、鹿、魚、ヒキガエル、クロコウノトリ、オオカブトムシ、カワセミ、サギのコスチューム(着ぐるみ)で登場。ただ、時節柄、皆さまマスク着用で登場です。環境保護に熱心なオーストリアらしい行事だと思います。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« Rathausplatzのツリーがウィーンに向かっています | Main | 臨時更新 11月3日からの新しいコロナ規制(追記あり) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Rathausplatzのツリーがウィーンに向かっています | Main | 臨時更新 11月3日からの新しいコロナ規制(追記あり) »