« Wiener Linienが新しいグッズを発売 | Main | 1枚の写真から‥40年前の思い出 »

November 21, 2020

オランダとウィーンの絆 10000本のチューリップ

2020112001ウィーンで無差別テロが発生して三週間が経過しましたが、今回、Feriが強いショックを受けた理由が、だんだんわかってきました。

それは、今までの海外で発生したテロのニュースに接しても、その場所がイメージできませんでした。良くも悪くも他人事でした。

しかし、今回は具体的な場所を聞いただけで、その場所の景色が頭に浮かびました。それだけ身近な場所で発生したことが、心に影を落とすことになったのでしょう。

さて、無差別テロ発生を受けて、周辺の各国からも色々な働きかけがあります。先日、オランダ王国からウィーン市に「連帯と結束の象徴としてチューリップの球根10000本」が贈られました。

2020112002贈呈式は11月19日にテロ事件現場に近いRuprechtsstiegeで、Michael Ludwig市長、Aldrik Gierveld駐オーストリアオランダ王国大使臨席の下に行われ、球根が植えられました。

贈呈式でMichael Ludwig市長は“チューリップはオランダのシンボル。植えられた球根は、春にはきれいな花を咲かせることになるでしょう。チューリップはウィーンの人々の結束力と団結力の象徴。テロリストは社会の分断を狙っていますが、それは達成できません”と述べています。

今回、ウィーン市に贈られた10000本の球根は、Südholland州Noordwijkerhoutにある農家が有機栽培で育てたもので、今回、オランダ王国農業省の強力で寄贈が実現しました。

今後、寄贈された球根はKurpark Oberlaa、Märzpark(Rudolfsheim-Fünfhaus)などにも植えられます。

2020112003園芸をやっている方はご存じだと思いますが、チューリップの球根は冬に植えられ、寒い時期を土の中で過ごします。そして、早咲きのチューリップは「春の訪れを告げる花」としても知られています。

なお、ウィーンでは、市内の公園にチューリップを植えていますが、球根は全てオランダ産だそうです。春の訪れが楽しみですね。

冒頭の話に戻りますが、ウィーン市が公開しているチューリップ贈呈式の写真を見ても、すぐに場所がわかり、周辺の光景がイメージできました。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

|

« Wiener Linienが新しいグッズを発売 | Main | 1枚の写真から‥40年前の思い出 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Wiener Linienが新しいグッズを発売 | Main | 1枚の写真から‥40年前の思い出 »