« 12月6日問題、解決 | Main | ウィーンで最も美しいクリスマスツリーの点灯式実施 »

November 28, 2020

晩秋の旧ドナウを楽しみませんか

2020112811今日は日曜日向けの話題です。11月もまもなく終わりますが、今年は市内の様子がいつもと違います。電飾は始まっていますが、例年だったら多くの人々で賑わうクリスマス市も、まだ、開催されていません。

そんな中、ハードロックダウン下でも、「心と体」の健康を維持するため、個人的な散歩は認められています。

そこで、今日はウィーン市がお勧めする「旧ドナウのお散歩に関する話題」です。

ウィーンの水辺は、四季折々に魅力的な散歩を楽しむことができます。旧ドナウ周辺は、春夏秋冬、それぞれ異なった魅力がありますが、特に秋は美しい。写真のようにきれいな紅葉を楽しむこともできます(Feriの写真ではないのが残念ですが‥)。

2020112812このブログでもお伝えしたことがありますが、ウィーン水道局(Wiener Wasser)では、散策をより楽しんでもらえるように旧ドナウの散歩コースに22箇所の情報ステーションを設置しています。

情報ステーションには、パネルによる解説が設置されている他、Wiener Wasserweg-Appを使うことで、詳細な情報を入手することも可能。

例えば、Kaisermühlen(カイザーミューレン)という名前の由来、水中調査の伝説的人物Hans Hass氏と旧ドナウ側との関係、旧ドナウ川で最初のセーリング・レガッタが開催されたのは?といった情報がアプリ内のステーションをクリックすることで、知ることができます。

2020112813まぁ、こういった情報がなくてもお散歩は楽しめますけれども‥旧ドナウに関する雑学が学べるという訳です。

旧ドナウ上流と旧ドナウ下流を巡る全長13kmのルートは自然が豊かな場所であると同時に、様々な施設もあり、サイクリングにも適しています。

もちろん、コース全体を回らなくても、十分に晩秋を満喫することができます。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

|

« 12月6日問題、解決 | Main | ウィーンで最も美しいクリスマスツリーの点灯式実施 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 12月6日問題、解決 | Main | ウィーンで最も美しいクリスマスツリーの点灯式実施 »