« 晩秋の旧ドナウを楽しみませんか | Main | 12月2日からウィーンで大規模検査を実施 »

November 29, 2020

ウィーンで最も美しいクリスマスツリーの点灯式実施

202011290211月5日、Rathausplatzに到着したWiener Weihnachtsbaum(クリスマスツリー)は、設置の上、剪定作業を経て、LEDライトの取り付けなどがロックダウン下で粛々と実施されました。

そして、11月28日、予定より2週間遅れで点灯式が行われました。「ロックダウン下の点灯式」というのは、異例中の異例。

ロックダウンは12月6日までの予定ですが、その後、どの程度、規制が解除されるのかは、現時点では不明です。

Christkindlmarkt(クリスマス市)の開催が許可されるかどうかもはっきりしない状況ですが、今回、ウィーン市が「クリスマスツリーの点灯式」を前倒しで実施した背景には、クリスマスツリーを「連帯と一体感の象徴」と位置づけているからです。

点灯式にはMichael Ludwig市長と、今回、ツリーを提供したオーバーエスターライヒ州のThomas Stelzer知事、Klaffer am Hochficht市やSchlägl修道院の関係者が参加。ツリーの元に設置されたスイッチを押すと、ツリーに取り付けられた2000個のLEDに一斉に灯りが灯りました。

2020112903Michael Ludwig市長は点灯式で、“美しくライトアップされ、華やかに飾られたツリーは、クリスマス前の季節の一部です。特に今年のウィーンは、観想的でゆったりとしたアドベントにふさわしい。この木は、街が困難な時代を乗り切り、結束と一体感により強くなることを示しています。物理的な距離の近さは今のところ実現できませんが、お互いに心の距離を縮めています。ウィーンの人々を代表して、今年、クリスマスツリーを提供してくださったオーバーエスターライヒ州、特にKlaffer市とSchlägl修道院に感謝します”と語っています。

2020112901また、Thomas Stelzer知事は“このような困難な時代、何もが当たり前できない一年の中で、私はオーバーエスターライヒからの贈り物でウィーンの人々に喜びをもたらすことができたことを嬉しく思います”と語りました。

公開された公式写真を見ると、ブルク劇場側のゲートは既に完成しており、灯りが灯っています。

2020112904また、Little IceDreamなどの施設整備も進められていることがわかります。ただ、ヒュッテ(屋台)の搬入は、まだ行われていない模様です。

現時点では、Christkindlmarktがいつから、どのような形で開催されるのかは、公表されていませんが、ウィーンの皆さんに明るい希望を持ってもらうため、先行して点灯式を挙行したのでしょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« 晩秋の旧ドナウを楽しみませんか | Main | 12月2日からウィーンで大規模検査を実施 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 晩秋の旧ドナウを楽しみませんか | Main | 12月2日からウィーンで大規模検査を実施 »