« ウィーンで最も美しいクリスマスツリーの点灯式実施 | Main | ロックダウン解除後の音楽界は‥ »

November 30, 2020

12月2日からウィーンで大規模検査を実施

2020113010日本時間では12月1日ですが、本ブログ「11月最後の話題」は、またまたコロナウイルス感染拡大に関連する話題で申し訳ございません。

今日は12月2日からウィーン市で行われる新型コロナウイルス大規模検査(Corona-Massentest)のニュースをお伝えしましょう。

現在、ウィーンでは12月2日から13日まで実施されるコロナウイルス大規模検査実施に向けた準備が進められています。

会場はStadthalle、Marxhalle、Messehalleの3箇所で、合計300のテストレーンが設置されることになっており、連邦軍の協力の下、準備が進められています。

2020112805ウィーン市の発表によると11月30日には、3会場の準備が完了したようで、会場の様子や関係者による記者会見が行われています。

ちなみに、現在、ウィーンに設置されている大規模検査施設の50倍の処理能力があります。

2020113012検査時間は8時から22時までが予定されており、1テストレーンあたり毎日500名まで対応可能。1日、最大15万人の検査が可能です。

ただ、時間のかかるPCR検査ではなく、抗原検査を実施します。そして、抗原検査で陽性反応が出た場合、PCR検査で再度、確認します。

2020113011実は抗体検査は迅速にできる反面、疑似陽性が出る確率が高く、検査精度に問題があるため、PCR検査での確認が必要なのだそうです。

万が一、抗体検査で陽性反応が出た場合、一時的に隔離され、PCR検査の結果を待つことになります。

検査待ちの人の列を避けるため、オンライン予約システムが採用されており、屋外で待機することになっています。

連邦軍のスタッフが検査に協力する他、ウィーン市が募集した専門家ボランティア200名が検査を担当します。

2020112807この時期に連邦政府がウィーン市と協力して大規模検査を実施する理由は、ご存じ、クリスマス休暇向けの対策。

こちらでは、家族単位でお祝いすることが一般的なクリスマスですが、日頃、離れて生活している家族がクリスマス休暇に帰省します。そのため、安心して帰省できるように検査を受けましょう‥という考え方です。

ウィーン市では、期間中、120万人が検査を受けると予想しています。気になる検査費用ですが、連邦政府が全額負担します。

2020112808 なお、教師や警察官、病院・医療関係者は、これとは別に定期的に検査を受けているため、この大規模検査を受けることはありません。ウィーン在住の一般住民(10歳以上)が対象です。

一方、ウィーン市では12月1日から、ドナウシュタットのオーストリアセンターウィーン(ACV)に、養護施設や病院で勤務するスタッフ(ボランティアを含む)のための検査施設の充実を図りました。ドライブスルーとウォークスルー方式で、検査時間は15分。こちらは無料です。

冒頭の写真と3枚目の写真がACVの検査施設です。

ただ、ウィーン市では、この検査で陰性になったからと言って安心せずに、感染防止策を十分にとることを要請しています。

2020112801一方、連邦政府のSebastian Kurz首相は、先日、記者会見で、“パンデミックとの戦いは、2021年夏までにオーストリアを正常な状態に戻すことである”と表明しています。

これは現在、開発が進められているワクチン接種を踏まえての発言です。いずれにしても、まだまだ長い戦いが続きそうです。

2020112804いずれにしても、まだまだ長い戦いが続きそうです。余談になりますが、大規模検査実施に当たってはオーストリア連邦軍が全面的に支援していますが、日本の「災害派遣」に相当する活動だと思います。

日本では、新型コロナウイルス感染拡大を受けて自衛隊が出動したのは、初期のクルーズ船関連だけだったと思います。

このように考えると、連邦政府が「国家規模の重大危機」という捉え方をしていることがわかるような気がします。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

|

« ウィーンで最も美しいクリスマスツリーの点灯式実施 | Main | ロックダウン解除後の音楽界は‥ »

Comments

正直、オーストリアの財政赤字・公的債務の膨れ具合は将来的にヤバいと思いますが、いかがお考えですか?

Posted by: | December 03, 2020 05:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンで最も美しいクリスマスツリーの点灯式実施 | Main | ロックダウン解除後の音楽界は‥ »