« 臨時更新 オーストリアは事実上のロックダウン延長 | Main | Volksoperが過去の名作をオンライン配信 »

December 04, 2020

海外派遣中の連邦軍兵士にクリスマスプレゼント

2020120311今日は「クリスマスプレゼントの話題」をお届けしましょう。

日本では、クリスマスプレゼントの対象は、一般的にお子さま(もしくは恋人‥)ですが、こちらでは家族同士でもプレゼントの交換を行います。また、家族のある人は、クリスマスを家族と祝うのが普通です。

しかし、警察官や消防官、連邦軍兵士などの中には、クリスマスに実家に帰ることができない人も多数、いらっしゃるのは、皆さま、ご存じのとおりです。

現在、オーストリア連邦軍は、欧州連合部隊(European Union Force、EUFOR)の一員としてボスニア・ヘルツェゴビナに派遣されています。

派遣人数は135名で、大部分はウィーン部隊所属で、第5警備隊を構成しています。

2020120312派遣部隊の主な任務は地ユーゴスラビア戦争などで両勢力が敷設した地雷の除去。現在の計画では、派遣期間は2021年3月までです。

12月2日、Michael Ludwig市長は派遣されている隊員に感謝の意を表すため、ウィーン方面軍司令官Kurt Wagner准将にクリスマスプレゼントを贈りました。

気になるプレゼントの中身ですが、市庁舎の屋上で採取された蜂蜜やLeschanzのチョコレート、ウィーン市直営ワイナリーCobenzlのWine(MixedSetDAC)といった「ふるさとの味」などだそうです。

2020120313今回の新型コロナウイルス対策でも連邦軍は様々な支援活動に従事しています。今回、ウィーン市長からのクリスマスプレゼントは、このような連邦軍全体に対する「感謝の印」のようです。

日本では、海外で活動する自衛隊員に対して、家族や関係者がプレゼントを贈ることはあると思いますが、部隊が所属する自治体が、感謝の意を込めてプレゼントを贈るという話は聴いたことがありません。このあたりも考え方の違いが出ている気がします。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« 臨時更新 オーストリアは事実上のロックダウン延長 | Main | Volksoperが過去の名作をオンライン配信 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 臨時更新 オーストリアは事実上のロックダウン延長 | Main | Volksoperが過去の名作をオンライン配信 »