« U2×U5の本格工事が2021年からスタート | Main | 農業も盛んなウィーン »

December 19, 2020

ウィーンのカフェハウスで勉強をしよう

2020121701今日は「カフェハウスの話題」をお届けしましょう。ご存じのようにオーストリアでは、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、事実上のロックダウンが継続されています。

学校ですが、幼稚園や義務教育は再開しましたが、高等学校や大学に関しては遠隔学習になっています。

ウィーン市では、自宅に遠隔授業に必要なインフラが整っていない学生、自宅に自室がない学生向けに一部のカフェハウスを学習スペースとして提供しています。

現在、第1段階としてウィーンの有名なカフェハウス3軒がが、この活動に参加しています。

2020121702Café Museum(1. Operngasse 7)
Café Frauenhuber(1.Himmelpfortgasse 6)
The Legends(3. Landstraßer Hauptstraße 103)

ご存じのように、現在、オーストリアではレストランやカフェなどの飲食店は、テイクアウト以外の営業は禁止されています。

そのため、店内の客室は空いており、この空きスペースを学生さんに提供しようというアイデアです。

Café Museumは、Feriも以前、利用したカフェハウスで、友人との待ち合わせにも利用していました。

密を避けるため、人数制限が課せられており、利用者は「Book Your Room」というサイトから希望のカフェハウスに予約を入れることになっています。

2020121703このプロモーションはクリスマス休暇まで提供されていますが、おり、オプションで延長することも可能だそうです。ただし、規制によりコーヒーハウスでは食事や飲み物の提供はできません。

Christoph Wiederkehr副市長は“パンデミックとの闘いで、新たな境地を切り開き、子供たちの教育機会を確保し続けることは、非常に重要なことです。このプロジェクトは、パンデミックの苦しい時期にも、このように教育機会を提供するアイデアが沢山あることを示しています”と述べています。

日本でも、春先に学校が休校になった際、勉強の場を提供した飲食店がありましたが、これを組織的に行っているのがウィーンという訳です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

|

« U2×U5の本格工事が2021年からスタート | Main | 農業も盛んなウィーン »

Comments

Café Frauenhuberはオーストリア人の友人の御用達店で 彼女に教えて貰ったHausTorteは私のお気に入りともなりました
日本ではあまり見かけない芥子の実をたっぷり使ったケーキがリンゴのケーキと二段重ねになっているお菓子で 生クリームを添えていただくと幸せいっぱいの味でした
一日も早く飲み物やお菓子の提供が為されるように戻り 私自身も再訪し味わいたいものです

Posted by: Salzburg.Love | December 20, 2020 07:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« U2×U5の本格工事が2021年からスタート | Main | 農業も盛んなウィーン »