« 区議会に議席獲得 ユニークな政党Bierpartei Österreich(BPÖ) | Main | ÖBB 2020/21ダイヤ改正 »

December 07, 2020

12月8日は「買い物の日」

2020120710先週からウィーンで大規模検査が実施されていますが、7日、Sebastian Kurz首相とMichael Ludwig市長がウィーン・メッセの会場を視察。同時に検査を受けました。

そして、共同記者会見の臨み、ロックダウン期間を短縮するためにも、多くの人々に検査を受けることを推奨しています。なお、メッセ会場については、事前の登録が不要であることも発表されました。

202012060212月7日、ハードロックダウンが解除され、一般商店やショッピングセンターの営業が再開されました。そして12月8日は「無原罪の聖母」の祝日(Mariä Empfängnis)です。

例年、この日だけは祝日にもかかわらず、クリスマスプレゼントを買い求めるお客さまのために一般の店舗の多くが営業を行います(1995年から営業が許可されました、当日、勤務する従業員には休日手当が支給されます)。

ただし、最近では大手スーパーマーケットチェーンのBILLAやMerkurなどは、従業員のために休業にしています。

今年は、ハードロックダウンの影響でアドベントの前半、一般の商品を販売する店舗が休業を余儀なくされたため、小売業の皆さまは12月8日の特需を大いに期待しています。

2020120601ウィーン子が多く集まるショッピングゾーンMariahilfer Straßeでも12月8日に向けて、準備に余念がありません。

まず、当日、Mariahilfer Straßeは車両通行止めとなります。これには路線バス13Aも含まれます。また、自転車や電気スクーターも通行禁止になることが発表されました。徹底した歩行者志向です。

この他、Wiener Linienでも買い物客が増えることを予想して、市の中心部で運行される路線・系統で運転本数を増やします。

この他、12月12日と19日の土曜日も買い物客が増えることが予想されるため、同様な対策がとられる予定です。

2020120603さて、商業界の思惑どおり、お客さまが大挙していらっしゃるでしょうか。なお、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、クリスマスの売り上げは10~30%減少する可能性があると分析している専門家もいます。

一方、オンラインショップの販売は30~40%増加するという見方もあります。

ところで、ウィーンのチェーン・コンディトライ「Aida」ですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で重大な経営危機に陥っているという報道がありました。

Aidaは1913年に創業し、現在、4代目のDominikProusek氏が経営しています。現在の支店数は33で、300名の従業員を雇用しています。

しかし、過去、数ヶ月で売上は75%減少し、今は12の支店だけが営業を行っています。

2020120604同社では、従業員の解雇を避けるため、3月には短時間労働に切り替えるワークシェアリングを実施しています。

報道によると同社は、経営危機のため、従業員の30%解雇、支店の半数を2月までに閉鎖する案が検討していますが、これを回避するため、同社では政府に支援を要請しているようです。

最後の写真は創業当時のAida店内の様子です。伝統あるAidaが、このままなくなってしまうのは、残念ですが、今後、このような例が増えるような気がします。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« 区議会に議席獲得 ユニークな政党Bierpartei Österreich(BPÖ) | Main | ÖBB 2020/21ダイヤ改正 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 区議会に議席獲得 ユニークな政党Bierpartei Österreich(BPÖ) | Main | ÖBB 2020/21ダイヤ改正 »