« Volksoperの音楽総監督決まる | Main | ÖBBの新しい構内放送チャイム »

December 14, 2020

姪の結婚

2020121202先日、兄の娘(Feriの姪)から結婚の連絡が届きました。日本はオーストリアほど規制が厳しくないので、普通どおり結婚式や披露宴を行うことは可能ですが、新郎新婦の判断で披露宴などは中止し、入籍だけ済ませたようです。

今年、日本では、このような判断を下したカップルが多いという話を耳にしています。

兄夫婦の子供は長男、長女の二人ですが、姪の結婚で、いずれも新しい家庭を持つことになり、兄夫婦も安心したことでしょう。

実は、姪とはウィーンで会ったことがあります。姪は学生時代、イギリスに短期留学をしていました。その期間、学校が休みの日にはイギリス国内はもとより、一緒に学んでいた学友の故郷を訪ねるなど、旅行を楽しんでいました。

20201212012001年1月、グルベローヴァの公演を観るため、Feriが母とウィーンを訪れることが決まった際、姪に連絡をとり、ウィーンで会うことを提案。

母にとっては孫ですから、海外で会うのはお互いに嬉しいだろうと考えた訳です。ウィーンでの滞在費用はFeri持ちです。

1月1日、Feriと母は成田からアムステルダム経由でウィーンへ向かいました。母同伴だったのでビジネスクラスを利用しましたが、元旦ということで、機内食も特別でした。

2020121205翌、2日はVolksoperでFeri待望の「Die Csárdásfürstin」を観賞。フェリ・バチはもちろんSándor Némethさん。新年早々、最高のオペレッタを観ました。

そして、1月3日、姪がロンドンからウィーンに到着するため、シュヴェヒャート空港まで母とお出迎えに‥異国の地で、孫と再会した母は感激していたのが印象的でした。

2020121203姪とは同じホテルをとり、滞在期間中は、母と同室にしました。Feriは姪用に確保したシングルルームへ移動。夜遅くまで、色々な話に花が咲いたようです。

4日は姪を旧市街とシェーンブルン宮殿に案内しましたが、お天気が今ひとつ。夜はお手軽コンサートに招待しました。

20201212065日は天気も回復したので、カーレンベルクやプラーター、ベルベデーレ宮殿などへ案内。
姪がウィーンに滞在する最終日となった6日は、オーストリアでは「三聖王の日」の祝日。そこで、朝食後、シュテファンドームのミサに参列しました。

そして、ウィーン名物のスィーツを楽しんでから、姪は元気にロンドンへ旅立ちました。ただ、日本に住む両親へのプレゼント(しかも壊れ物なので、機内持ち込み限定)を託されたので、正直、閉口しましたが‥

2020121207Feri一行は、その晩、国立歌劇場でグルベローヴァ出演の「ロベルト・デヴェリュー」を堪能。そして、1月8日、今まで以上に思い出の多かったウィーンを跡に、日本へ向かいました。

姪は、その後、日本の大学へ戻り、卒業後、短期留学の経験から英語が活用できる都内の某ホテルに就職。順調な社会人生活をスタートしました。

ところが、その後、難病を発病し、一時は命の危険にさらされました。幸い両親の看病と医療機関の適切な治療で、社会復帰を果たすことができました。

2020121204ただ、根本的な治療方法が確立されておらず、投薬による治療は終身、続ける必要があるという微妙な立場に置かれてしまいました。

しかも、専門のドクターによる定期検査の結果を踏まえて投薬量を調整するという、本人や家族にとって大きな負担になる病気。

病気療養を経て、幸いなことに別の有名なホテルに就職。もちろん病気のことは承知しての採用です。外資系ホテルなので、今まで以上に英語が活用できるようになったそうです。

フロントから始まって、その後、コンシェルジュになり、後輩を指導する立場になっています。実際、上司の代行として本部のあるイギリスの会議に出席するまでになりました。

Feriと違って「イギリスLove」の姪ですが、幼少の頃から茶道を嗜んでおり、日本文化にも造詣が深いという一面もあります。

2020121208

実際、復帰後、プライベートで友人の結婚式などでイギリスを訪問していますが、その際、着物姿を披露したという話も聞いています。

先に結婚した長男と非常に中が良い兄姉。ただ、両親が心配していたのは、難病を患っているため、パートナーの深い理解がないと結婚が難しいこと。周囲の友人もヤキモキしていたようです。

若干、遠回りをしたかも知れませんが、ウィーンで再開してから20年、素敵なパートナーに恵まれたようで、Feriおじさんも嬉しい限りです。どうかお幸せに‥

このブログが日本で公開される12月15日は「大安」なので、この日を選びました。ちなみに、この前の大安に入籍したようです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« Volksoperの音楽総監督決まる | Main | ÖBBの新しい構内放送チャイム »

Comments

The comments to this entry are closed.