« 今年のオペレッタを振り返って | Main | ウィーンからクロアチア地震救援へ »

January 01, 2021

PROSIT NEU JAHR 2021

20210101皆さま、新年、あけまして、おめでとうございます。

2020年1月1日は「オーストリアEU加盟25周年」という話題をお届けしました。2019年のシルベスター、ウィーンの旧市街は80万人という空前の人出。

それから1年。まさかこのようなシルベスターを迎えることになるとは誰が想像したことでしょうか。

Covid-19は、その名前からわかるように2019年に中国で発症が確認され、当時、オーストリアをはじめとするEU各国では「遠い遠いアジアのお話」でした。

20210109事実、当ブログでも1月は「Covid-19関連の話題」は取り上げていません。当ブログでは2月14日、はじめて取り上げました。

20210108さて、Corona-Ampel(コロナ信号)が真っ赤な状態で新年を迎えたオーストリア。2021年は、どのような年になるのでしょうね。令和3年の干支は「丑」ということで、今日は「牛」でスタート。

冒頭の写真は、Feriが夏に訪れていたLungauの高原で放牧されている牛です。夏の間は高原で暮らしています。いかにもオーストリアの田舎らしい光景です。

Feriが定宿にしているLungauの某ホテルも、本業は農業。立派な牛をたくさん飼っています。ただ、夏は牛舎にはおらず、もっぱら冬に備えて牧草を蓄える作業を行っています。

20210102Salzkammergutの歯車式登山鉄道Schafberg Bahn沿線にも牛が放し飼いになっています。特に標高1363メートルのSchafbergalpe付近から上に多いようです。あの急な斜面で生活しているのですから、驚きです。

オーストリアで「牛」といったら「Red Bull」を思い浮かべる人もいるでしょう。日本のコンビニエンスストアでも定番商品にのし上がったエナジードリンクメーカーですが、オーストリアに本社があることを知っている日本人は、どのくらいいらっしゃるかは存じませんが‥

20210103同社は航空やモータースポーツなどに積極的に関わっていることで有名。

Salzburg空港にある同社の博物館Hangar7には、同社が保有する航空機やレーシングカーなどが展示されています。もちろん、RedBullのロゴ入りです。

20210104オペレッタファンのFeriにとって牛と言ったら「Im weißen Rößl」。舞台に牛が登場し、牧童と共にユーモラスなダンスを披露します。

Feri、お気に入りの作品だけに、また見たいものです。この牛の「着ぐるみ」に入っている人(ダンサー)は、二人なので、呼吸を合わせるのが、なかなか大変でしょうね。

20210105ウィーンはヨーロッパの都市にしては珍しく「土産物らしい土産物」を販売しています。

以前、やはり「丑」の年、たまたま入った土産物屋さんで、見かけたのが写真の品。卓上調味料入れなのですが、牛を模っています。

“丑年にふさわしいお土産”と勝手に決め込んだFeri。速攻で、買いました。値段は覚えていませんが‥

20210106写真をご覧になるとわかるように、牛の体にウィーン名所RATHAUS、STTATOPER、SCHLOSS SCHOÖNBRUNNがプリントされています。

外箱にはSTEPHANSDOMが印刷されていますが、何故か牛にはRATHAUSが二つ‥理由はわかりません。とぼけた表情がオーストリアらしいところでしょうか。

なお、Feriが気に入った「もう一つの理由」は、土産物でありながら、名所の名称がドイツ語表記であるという点。変なところにこだわりがあるFeriです。 

20210107最後の写真は、オーストリアには関係ありませんが、亡き父が丑年(大正2年)だったため、自分で手に入れた立派な牛の彫り物。

父を彷彿させる姿です。Feriの実家では、12年に1回、玄関先に登場するお約束になっています。今年も一年間、玄関先で存在感を発揮することでしょう。

今年は、どのような話題をお届けできるかわかりませんが、お付き合いいただけると幸いです。皆様のご多幸をお祈りいたします。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

|

« 今年のオペレッタを振り返って | Main | ウィーンからクロアチア地震救援へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今年のオペレッタを振り返って | Main | ウィーンからクロアチア地震救援へ »