« ウィーンの人は正直者が多い? | Main | ブラックアウト回避にむけて »

January 11, 2021

Semmelweis地域の再開発計画

2021010902日本では、今年は1月11日が「成人の日」ですが、各地の成人式がCovid-19感染拡大の影響で中止になっているとか‥男性はあまり関係ありませんが、女性の場合、晴れ着姿を披露できる場なだけに、ガッカリしている方も多いことでしょう。

一方、ウィーンでは今日からU2/U5の工事本格化に伴って、Rathaus周辺で大規模な交通規制が始まります。さて、今日はウィーン市が進める「Semmelweis地域の再開発計画の話題」です。

ウィーンでは、大規模な再開発は、環境保護の観点からも市がイニシアティブをとって進めるのが一般的です。

今回、再開発が行われるのは18区のSemmelweis地域です。ここには1908年に創立されたSemmelweis-Frauenklinikという病院がありましたが、2019年6月、Floridsdorfに移転。その跡地を中心とした再開発計画が2020年5月から具体化しました。

2021010903この病院ですが、開設当初は戦争で負傷した兵士の治療施設でしたが、1943年、5つのパビリオンのうち2つが女性用クリニックに改装されました。

その後、ウィーンで最も重要な出産クリニックに発展します。そのため、助産学校が総合病院からここに移されたそうです。

跡地については、ウィーン市がBundesimmobiliengesellschaft(BIG)に売約し、教育・文化施設(大学と学校が予定)が設置されることが決まりました。

また、それ以外のエリア約4.7ヘクタールは住民が自由に利用できる公園(緑地)になる予定です。今回、再開発の対象となっているのは、航空写真で赤いラインで囲まれたエリアです。

Silvia Nossek区長が危惧していたのは、跡地に高層アパートが建設されることでした。しかし、公共目的での利用に限定されたことで、乱開発の心配はなくなりました。

2021010901Semmelweis-Frauenklinikは歴史がある病院であるため、敷地内に史跡もありますが、これれは、現在、保護されているそうです。

計画のアウトラインは決定していますが、2021年1月14日から具体的なゾーニングに関する公開ヒヤリングが開始されます。

公開ヒヤリングは、2月25日までの6週間、行われる予定です。このヒヤリングは、オンラインで自由に意見を述べることが可能です。この結果を受けて、ウィーン市議会は夏までにゾーニング計画を決定する予定です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

|

« ウィーンの人は正直者が多い? | Main | ブラックアウト回避にむけて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンの人は正直者が多い? | Main | ブラックアウト回避にむけて »